アルタタマ2世

古代メソポタミア、ミタンニの王

アルタタマ2世Artatama II)は、古代メソポタミアミタンニの王。

アルタタマ2世
Artatama II
ミタンニ
在位 紀元前14世紀後半

継承者 シュッタルナ3世
子女 シュッタルナ3世
王朝 ミタンニ
テンプレートを表示

略歴編集

アルタタマとはサンスクリットでṚta-dhaman 「住処はṚta英語版である」の意。

アルタタマ2世は、ミタンニのトゥシュラッタから王位を簒奪した。アルタタマ2世はトゥシュラッタの兄弟か、王家の対立する一族に属していた可能性がある。

ヒッタイトの王シュッピルリウマ1世は、ミタンニへの侵攻後、アルタタマ2世と条約を結んだ。アルタタマ2世の息子であるシュッタルナ3世が、彼の後にミタンニを支配した。

脚注編集

注釈編集

出典編集