メインメニューを開く

アルトゥーロ・グスマン・デセーナスペイン語: Arturo Guzmán Decena、別名: Z-1、1976年1月13日 - 2002年11月21日)は、メキシコ陸軍特殊部隊の元軍人。同国の麻薬カルテルロス・セタス」創設に関し、元同僚や部下の軍人を高給で雇い入れ組織化するなど、中心的な役割を果たした[1]

アルトゥーロ・グスマン・デセーナ
Arturo Guzmán Decena
生誕 1976年1月13日
メキシコの旗 プエブラ州
現況 死亡
死没 (2002-11-21) 2002年11月21日(26歳没)
メキシコの旗 タマウリパス州マタモロス
別名 Z-1(ゼータ1)
団体 ロス・セタス

人物編集

プエブラ州の貧しい家庭に生まれ育った。貧困から脱出するために若くしてメキシコ陸軍に入隊。程なくして頭角を現し、1990年代半ばに同軍の特殊部隊に入隊した。高度な戦闘、暴動鎮圧、爆発物の取り扱いについて、アメリカ軍イスラエル軍の特殊部隊から訓練を受け[2]1994年サパティスタの掃討任務に参加して実戦を経験した。後にガルフ・カルテルから賄賂を受け取るようになり、秘密裏に同僚や部下を同カルテルにリクルートし始め、1997年には自身も陸軍を退役しカルテルの一員となった。

2002年11月21日、マタモロスのレストランでメキシコ軍に狙撃され死亡した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Special Report: Mexico's Zetas rewrite drug war in bloodReuters(2012年3月23日)2013年7月29日閲覧
  2. ^ A cartel army's war withinLos Angeles Times(2007年3月20日)2013年7月29日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集