メインメニューを開く

アルフレート・フォン・ティルピッツ

アルフレート・ペーター・フリードリヒ・フォン・ティルピッツAlfred Peter Friedrich von Tirpitz1849年3月19日1930年3月6日 )は、ドイツ海軍軍人ドイツ帝国海軍元帥1897年から1916年まで海軍大臣として、ドイツ海軍の拡張を推進した。

アルフレート・フォン・ティルピッツ
Alfred von Tirpitz
Bundesarchiv Bild 134-C1743, Alfred von Tirpitz.jpg
生誕 1849年3月6日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
Flagge Preußen - Provinz Brandenburg.svg ブランデンブルク州英語版 キュストリン
死没 1930年3月6日(1930-03-06)(80歳)
ドイツの旗 ドイツ国
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州 シェーフトラルンドイツ語版
所属組織 Preußische Kriegsflagge ab 1850.svg プロイセン海軍英語版
War Ensign of Germany (1867–1892).svg ドイツ帝国海軍
軍歴 1869年 - 1916年
最終階級 元帥
除隊後 政治家
テンプレートを表示

経歴編集

プロイセン王国ブランデンブルク管区英語版キュストリン(現在のポーランド領コストシン・ナド・オドロン)に上級官吏の息子として生まれ、フランクフルト・アン・デア・オーデルで少年時代を過ごした。1865年プロイセン海軍に入隊する。1869年キール海軍兵学校を卒業する。1871年ドイツ海軍創設と同時に水雷戦隊に所属する。1877年水雷戦隊司令に就任し、戦隊を再編成した。大佐となったティルピッツは1892年海軍軍令部に入り、軍令部長に就任、1892年には少将に昇進した。1896年ドイツ東アジア巡洋戦隊(日本では「ドイツ東洋艦隊」として知られる)司令官に任命され、ドイツがから租借した膠州湾の湾口にある青島膠州湾租借地)を軍港として使用した。1897年海軍大臣に任命される。海軍大臣としてドイツ海軍の拡充を精力的に実行し、皇帝ヴィルヘルム2世の信任を得た。1900年功績により、貴族の称号である「フォン」を名乗ることを勅許された。ティルピッツはドイツ海軍の青写真を設計し、ドイツ海軍を世界的大艦隊に成長せしめることを希望した。このティルピッツの大海軍建設案は国内的にも「ティルピッツ計画」の名称で広く喧伝されることとなった。政治的にティルピッツ計画は、1898年1900年1908年および1912年艦隊法として実現された。こうして第一次世界大戦の始まる1914年までにドイツ海軍はイギリス海軍の6割の戦力を有する世界第二位の海軍にまで成長した。すなわち、7隻の弩級戦艦、5隻の巡洋戦艦、21隻の巡洋艦に20隻の旧式戦艦、そして40隻以上もの潜水艦である。ティルピッツの海軍拡張計画は、非現実的な目標をも含んでいた。しかし、ドイツ海軍の増強はイギリスを警戒させるのに十分であった。英独の海軍軍拡競争は、普仏戦争でドイツに敗れ、対独復仇戦を誓うフランスとイギリスとのより緊密な関係を形成する一助となる。

ティルピッツは現在のゲーム理論の一種とも言える「リスク理論」を展開し英独海軍軍拡競争によって英国はドイツ海軍を牽制し対決を回避すると提唱していた。しかし、このティルピッツの読みは結局外れ、英独関係は悪化の一途をたどることになる。1911年海軍元帥となる。3年後の1914年第一次世界大戦が勃発する。

ティルピッツは海軍大臣として軍政担当者の立場から、ドイツ海軍の作戦内容に意見を反映させることは余りなかった。ドイツ海軍、太洋艦隊は、英国本国艦隊の戦力を警戒し、艦隊決戦にはユトランド沖海戦を除き、積極的には出なかった。むしろ潜水艦による通商破壊活動を展開し、Uボートによる無制限潜水艦作戦を実施していった。1916年潜水艦作戦をめぐり、海軍大臣を解任され、後任にはエドゥアルト・フォン・カペレドイツ語版が就任した。

海相辞任後の1917年短期間ではあったが、ドイツ祖国党英語版の党首となる。ティルピッツは第一次世界大戦を勝利するため、ドイツ国民の力を結集せんと企てたがドイツは敗北する。戦後、ティルピッツは保守派のドイツ国家人民党を支持し、1924年から1928年までヴァイマル共和国国会議員を務めた。

1939年ビスマルク級戦艦の2番艦は、ティルピッツと命名された。

参考文献編集

  • Berghahn, V.R. Germany and the Approach of War in 1914 (Macmillan, 1973). pp. 25–42
  • Berghahn, Volker Rolf. Der Tirpitz-Plan (Droste Verlag, 1971). in German
  • Bird, Keith. "The Tirpitz Legacy: The Political Ideology of German Sea Power," Journal of Military History, July 2005, Vol. 69 Issue 3, pp. 821–825
  • Bönker, Dirk. Militarism in a Global Age: Naval Ambitions in Germany and the United States before World War I (2012) excerpt and text search; online review
  • Bönker, Dirk. "Global Politics and Germany's Destiny 'from an East Asian Perspective': Alfred von Tirpitz and the Making of Wilhelmine Navalism." Central European History 46.1 (2013): 61–96.
  • Clark, Sir Christopher, The Sleepwalkers: How Europe Went to War in 1914 (New York: Harper 2013)
  • Epkenhans, Michael. Tirpitz: Architect of the German High Seas Fleet (2008) excerpt and text search, 106pp
  • Herwig, Holger H., 'Admirals versus Generals: The War Aims of Imperial German Navy 1914–1918', Central European History 5 (1972), pp. 208–233.
  • Hobson, Rolf. Imperialism at Sea: Naval Strategic Thought, the Ideology of Sea Power, and the Tirpitz Plan, 1875–1914 (Brill, 2002) in Questia
  • Kelly, Patrick J. "Strategy, Tactics, and Turf Wars: Tirpitz and the Oberkommando der Marine, 1892–1895," Journal of Military History, October 2002, Vol. 66 Issue 4, pp. 1033–1060
  • Kennedy, Paul. The rise and fall of British naval mastery (2017) pp. 205–239.
  • Kelly, Patrick J. (2011). Tirpitz and the Imperial German Navy. Bloomington, Indiana: Indiana University Press. https://www.amazon.com/Tirpitz-Imperial-German-Patrick-Kelly/dp/0253355931/. 
  • Massie, Robert K.. Dreadnought: Britain, Germany, and the Coming of the Great War. London: Jonathan Cape. ISBN 0-224-03260-7. 
  •   Saunders, George (1922). "Tirpitz, Alfred von" . Encyclopædia Britannica (12th ed.).
公職
先代:
フリードリヒ・フォン・ホルマンドイツ語版
  海軍大臣
1897年 - 1916年
次代:
エドゥアルト・フォン・カペレドイツ語版