アルフレート・レードル

アルフレート・レードルドイツ語: Alfred Redl1864年3月14日 - 1913年5月25日)は、オーストリア=ハンガリー帝国士官。オーストリアとロシアの二重スパイとして活動した。「レードル大佐」の名で知られる。

アルフレート・レードル
Alfred Redl
Redl Alfred.jpg
1907年頃
生誕 1864年3月14日
リヴィウ
死没 1913年5月25日(1913-05-25)(49歳)
ウィーン
テンプレートを表示

概要編集

オーストリアの対敵諜報部長だったが、同性愛者であることをロシアの諜報部員に掴まれ、脅しに屈して二重スパイとなった[1]ガリツィアにオーストリアの要塞を建設する計画などをロシアに洩らした[1]。ロシアからの報酬を受け取っている現場を確認したオーストリア当局に、裏切りの証拠を突きつけられ、全てを自白。拳銃を渡され、自決した[1]

オーストリア当局はこの醜聞をもみ消そうとしたが、プラハの特派員エゴン・エルヴィン・キッシュドイツ語版によって公表され、国際的なセンセーションが巻き起こった[2]

セルビア進攻を想定した動員計画「Plan III」の内容も完全に漏洩しており、そのせいでオーストリアは第一次世界大戦の序盤において大苦戦を強いられた[3]。軍事歴史家によると、レードルのせいで約50万人のオーストリア兵が犠牲になったという[3]

映画編集

出典編集

参考文献編集

  • ポール・ホフマンドイツ語版ウィーン:栄光・黄昏・亡命』持田鋼一郎訳、作品社、2014年7月15日。ISBN 978-4-86-182-467-8

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、アルフレート・レードルに関するカテゴリがあります。