イエメン改革会議(アラビア語: التجمع اليمني للإصلاح‎)、通称「アル=イスラ」は、1990年にアブドゥラ・イブン・フセイン・アル=アフマール 、アリ・モーセン・サレ・アル=アフマール 、アブドゥル・マジェド・アル=ジンダニ、モハメド・アル=ヤドゥミ、ヤヒャ・ラッサームによって設立されたイエメンのイスラム主義政党である。イスラム国家基本法の最初の条項では「イスラム教の原理と教えに基づいて生活のあらゆる面の改革を求める世俗的な政治組織」と定義されている。 [4]

イエメン改革会議
التجمع اليمني للإصلاح
委員長 モハメド・アル=ヤドゥミ
副委員長 アブドゥル・ワッハーブ・アル=アンシ
創設者 アブドゥラ・イブン・フセイン・アル=アフマール英語版[1][リンク切れ]
アリ・モーセン・サレ・アル=アフマール英語版[2]
アブドゥル・マジェド・アル=ジンダニ英語版[1]
モハメド・アル=ヤドゥミ[3]
創立 1990年9月13日
(29年前) (1990-09-13
本部所在地 サナア, イエメン
政治的思想 スンニ派[1]
スーフィズム[1]
部族主義[1]
国際連携 ムスリム同胞団
代議院 (イエメン)
46 / 301
党旗
Logo of the Yemeni Congregation for Reform (al-Islah).svg
公式サイト
alislah-ye.net
イエメンの政治
イエメンの政党一覧
イエメンの選挙
Al-Islah Militia
ميليشيا الإصلاح
イエメン内戦に参加
活動地域 イエメン
関連勢力 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
敵対勢力 Ansarullah Flag Vector.svg フーシ
戦闘 イエメン内戦

改革会議は政党というよりは部族的、宗教的集団の緩やかな連帯である。 [5] その起源はマルクス主義国家民主戦線に対抗するためににサウジアラビアに資金援助を受けたムスリム同胞団傘下の民兵である。 [6] [7] イスラム戦線は、1990年にイエメンが統一された後、 サウジアラビアからの財政的支援を受けて、イスラム主義政党の旗の下に再編成された。[6]改革会議はサウジアラビアの友好組織として長年認められてきた。 [8] [9] 公式ウェブサイトでは、改革会議はその外交政策議題において、5つの大きな目標のうちの1つは、「同胞姉妹であるサウジアラビアおよび湾岸協力会議の国々と我が国の関係を強化すること」としている。 [10] さらに、サウジアラビアは、改革会議によって非公式に統制されていたマドラサに資金提供を行った。[11] [12] サウジアラビアからの多額の資金援助の結果、イスラム過激派がイエメンで誕生した。[13] 改革会議は他のアラブ諸国の保守的なイスラム教徒とは異なっている。党はイエメンのムスリム同胞団およびより過激なワッハーブ派の部族の影響とともに自らのそれを結びつけている。その結果、重要な問題について深い内部分裂に直面している。その厄介な構成は、それが部族的、政治的利益、党のイスラム主義的プラットフォームの異なる解釈、そして忠誠心と野党の両方の支持者のバランスをとることを代わりに強いることで、明確な議会のプラットフォームを開発することを妨げている。[14] 同盟としての起源を考えると、改革議会のイデオロギーは曖昧なままであり、その政治的基盤は曖昧なままである。改革会議は部族的および宗教的価値を促進する保守的な政党として最もよく説明されるかもしれない。[4]

改革会議とイエメン社会党が国民全体会議に対抗する野党連合を設立するために他の3つの小規模政党に加わり、2003年に連合政党が成立した。[15] 2003年4月27日の選挙では、党は一般投票の22.6%と301議席のうち46議席を獲得した。

改革会議はムスリム同胞団の一部であり、バーレーン[16] [17] エジプトロシアシリアサウジアラビアアラブ首長国連邦によってテロ組織に認定されている。 [18] [19] [20] [21] しかし、イエメンでの内戦以来、サウジアラビアは改革会議との緊密な関係を築いてきた。[22]

設立編集

1990年9月13日、イエメンのサナアで部族の首長アブドゥラ・アル・アフマールによって創設された。[23]

構成編集

改革会議は3つの構成要素からなると言われている。1つは、モハメッド・カータンが率いるイエメンのムスリム同胞団である。2つ目は、部族の首長であるアブドゥラ・アル・アフマールが2007年に亡くなるまで彼自身が率いていた部族連盟で、死後息子のサーデクに引き継がれた。 [24] 3つ目は、イエメンで最も著名なスンニ派の宗教学者アブドゥル・マジェド・アル=ジンダニが率いるスーフィーズム組織である。[25] 2007年12月28日、アル・アフマールの死後、モハメド・アル=ヤドゥミが委員長を継承した[23]

2003年の議会選挙で 、改革会議は46議席を獲得した。2010年現在、所属する議員のうち13人は人権活動家や、2015年に活動家グループ「束縛のない女性ジャーナリスト」を設立し、 2011年にノーベル平和賞を受賞したタワックル・カルマン [26] [27]を含む女性である。 [26] [27]

2014年、与党国民全体会議に次いで2番目に大きな政党となった。 [23]

政策編集

国家編集

アル=イスラは、フーシ反乱英語版に対して、親欧米の現政権のために戦う人々は争いから身を置くべきであると述べた。[28]

改革会議は、現時点で、大統領による終身刑執行を可能にする可能性があるイエメン憲法の修正案の草案について盛んに議論している。また、 2011年イエメン騒乱のデモ活動の組織にも関わっていた。 [26]

出版編集

党は、日刊紙Al SahwaとSuhail TVの2つのメディアを保有している。 [29] 後者は党の創設者の親戚であるHamid al-Ahmarが保有している。 [29]

サウジアラビアやアラブ首長国連邦との関係編集

党は、 ムスリム同胞団との関係によってに2014年3月、サウジアラビアにブラックリストに登録された。 [23] サウジアラビアは、元国王アブドゥラ・ビン・アブドゥルアジズの死後、 イエメン内戦のフーシとの戦闘における党の活躍を評価し、改革会議との関係を修復した。 [22] 2017年12月、イスラム指導者Al-YidoumiとAl-Anisiがサウジアラビアの首都リヤドでサウジアラビアとアブダビの王妃と会談し、イエメン内戦について話し合った。 [30] それ以前は、アラブ首長国連邦は改革会議を敵視しており[31] 、革命会議のメイヨーを暗殺するためにアラブ首長国連邦がアメリカの傭兵を雇ったと後に言及された。 [32] [33] [34] 2018年12月には、革命会議やアルカーイダISILのようなジハード過激派組織のようなイスラム組織がUAEの主な標的であると報告されたが、サウジアラビアはその事について対処できていない。 [35]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b c d e Yemen: The Tribal Islamists” (2015年). 2015年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月3日閲覧。
  2. ^ Sarah Phillips (2008). Yemen's Democracy Experiment in Regional Perspective. Palgrave Macmillan. p. 52. ISBN 9780230616486. 
  3. ^ Stephen W. Day (2012). Regionalism and Rebellion in Yemen: A Troubled National Union. Cambridge University Press. p. 134. ISBN 9781107379909. 
  4. ^ a b Nathan J. Brown; Amr Hamzawy (2010). Between Religion and Politics. Carnegie Endowment. p. 137. ISBN 9780870032974. 
  5. ^ Daniel Brumberg; Dina Shehata (209). Conflict, Identity, and Reform in the Muslim World: Challenges for U.S. Engagement. US Institute of Peace Press. p. 431. ISBN 9781601270207. 
  6. ^ a b Sarah Phillips (2008). Yemen's Democracy Experiment in Regional Perspective. Palgrave Macmillan. p. 138. ISBN 9780230616486. 
  7. ^ Stephen W. Day (2012). Regionalism and Rebellion in Yemen, A Troubled National Union. Cambridge University Press. p. 133. ISBN 9781107606593. 
  8. ^ Letta Tayler (2011年). “Yemen's Hijacked Revolution”. Foreign Affairs. 2015年2月11日閲覧。
  9. ^ Sheila Carapico (2007). Civil Society in Yemen: The Political Economy of Activism in Modern Arabia. Cambridge University Press. p. 143. ISBN 9780521034821. 
  10. ^ The Islah Party”. Islamopedia Online (2012年). 2015年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月11日閲覧。
  11. ^ David McMurray; Amanda Ufheil-Somers (2013). The Arab Revolts: Dispatches on Militant Democracy in the Middle East. Indiana University Press. p. 140. ISBN 0253009782. https://books.google.com/books?id=kj2ivModzMkC&pg=RA3-PT20&dq=northern+yemen+houthi+islah&hl=en&sa=X&ei=6GPsUtHPCYX80QXZl4DgCA&redir_esc=y#v=snippet&q=these%20modern,%20Salafi&f=false. 
  12. ^ Farish A. Noor; Yoginder Sikand; Martin van Bruinessen. The Madrasa in Asia: Political Activism and Transnational Linkages. Amsterdam University Press. p. 267. ISBN 9789053567104. 
  13. ^ Julie Chernov Hwang; Julie Chernov-Hwang (2012). Peaceful Islamist Mobilization in the Muslim World: What Went Right. Palgrave Macmillan. p. 157. ISBN 9781137016232. 
  14. ^ Amr Hamzawy (2009年). “Between Government and Opposition: The Case of the Yemeni Congregation for Reform”. Carnegie Endowment for International Peace. 2015年2月11日閲覧。
  15. ^ Francesco Cavatorta (2012). Civil Society Activism under Authoritarian Rule: A Comparative Perspective. Routledge. p. 146. ISBN 9781136207815. 
  16. ^ Bahrain News Agency - Bahrain backs Saudi Arabia, UAE, Foreign Minister says”. 2014年11月3日閲覧。
  17. ^ Anadolu Ajansı (c) 2011. “Bahrain FM reiterates stance on Muslim Brotherhood”. 2014年11月3日閲覧。
  18. ^ “Egypt's Muslim Brotherhood declared 'terrorist group'”. Bbc.co.uk. (2013年12月25日). https://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-25515932 2014年1月18日閲覧。 
  19. ^ Resolution of the State Duma, 2 December 2003 N 3624-III GD "on the Application of the State Duma of the Russian Federation" on the suppression of the activities of terrorist organizations on the territory of the Russian Federation” (ロシア語). Consultant Plus. 2016年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  20. ^ Saudi Arabia declares Muslim Brotherhood 'terrorist group'”. BBC. 2014年3月7日閲覧。
  21. ^ Alaa Shahine and Glen Carey, Bloomberg News (2014年3月9日). “U.A.E. Supports Saudi Arabia Against Qatar-Backed Brotherhood”. Bloomberg News. https://www.bloomberg.com/news/2014-03-09/u-a-e-supports-saudi-arabia-against-qatar-backed-brotherhood.html 2014年3月9日閲覧。 
  22. ^ a b Saudi Arabia’s Problematic Allies against the Houthis”. The Cairo Review of Global Affairs (2016年2月14日). 2016年2月15日閲覧。
  23. ^ a b c d Ali Ibrahim Al Moshki (2014年3月13日). “Saudi Arabia blacklists Yemeni groups”. Yemen Times. http://www.yementimes.com/en/1763/news/3590/Saudi-Arabia-blacklists-Yemeni-groups.htm 2014年9月12日閲覧。 
  24. ^ “Ruling party defies Al-Ahmar family, threatens unity of Hashid tribe”. Elaf. (2009年11月17日). オリジナルの2011年4月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110405191505/http://www.yementimes.com/defaultdet.aspx?SUB_ID=33126 
  25. ^ Yemen: An Election Realignment Archived 7 March 2012 at the Wayback Machine. STRATFOR, 20 September 2006
  26. ^ a b c “New protests erupt in Yemen”. Al Jazeera. (2011年1月29日). オリジナルの2011年1月31日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5w8S9MZ1r?url=http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2011/01/2011129112626339573.html 2011年1月30日閲覧。 
  27. ^ a b The United States & Yemen – Destroying Lives in the Name of National Security”. Brecht Forum (2010年). 2011年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  28. ^ Camp, Mazrak (2009年11月19日). “Yemen's War – Pity those caught in the middle”. The Economist. オリジナルの2011年2月16日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5wY4End4c?url=http://www.economist.com/node/14920092?story_id=14920092 2011年2月16日閲覧。 
  29. ^ a b “Government Raids Suhail TV Station and Newspaper”. Yemen Post. (2011年5月26日). http://yemenpost.net/Detail123456789.aspx?ID=3&SubID=3601 2014年9月12日閲覧。 
  30. ^ “Saudi and UAE leaders meet Yemen Islah party chairman”. alarabiya.net. (2017年12月17日). http://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2017/12/14/Saudi-and-UAE-leaders-meet-Yemen-Islah-party-chairman-.html 2018年10月7日閲覧。 
  31. ^ “Saudi-Emirati overture on Yemen deepens Houthi isolation”. arabiafoundation.org. (2017年12月15日). http://www.arabiafoundation.org/arabia-comment/saudi-emirati-overture-on-yemen-deepens-houthi-isolation/ 2018年10月7日閲覧。 
  32. ^ “American mercenary boasts of role in ‘targeted assassination program’ in Yemen”. rt.com. (2017年10月17日). https://www.rt.com/news/441472-mercenaries-targeted-killings-yemen/ 2018年10月18日閲覧。 
  33. ^ “Abbas rival ‘hired Israeli mercenary to assassinate UAE’s enemies in Yemen’”. timesofisrael.com. (2017年10月17日). https://www.timesofisrael.com/abbas-rival-hired-israeli-mercenary-to-assassinate-uaes-enemies-in-yemen/ 2018年10月18日閲覧。 
  34. ^ Roston, Aram (2018年10月16日). “A Middle East Monarchy Hired American Ex-Soldiers To Kill Its Political Enemies. This Could Be The Future Of War.”. Buzzfeed News. https://www.buzzfeednews.com/article/aramroston/mercenaries-assassination-us-yemen-uae-spear-golan-dahlan 2018年10月18日閲覧。 
  35. ^ “Yemen on the brink: how the UAE is profiting from the chaos of civil war”. The Guardian. (2018年12月21日). https://www.theguardian.com/news/2018/dec/21/yemen-uae-united-arab-emirates-profiting-from-chaos-of-civil-war 2018年12月31日閲覧。 

外部リンク編集