メインメニューを開く

国民全体会議

国民全体会議(こくみんぜんたいかいぎ、英語:General People's Congressアラビア語المؤتمر الشعبي العام、al-Mo'tamar ash-Sha'by al-'Am、al-Mu'tamar al-Sha'bi al-'Amm)は、イエメン政党。後述の通り、現在は3つの派閥に分裂している。

イエメンの旗 イエメン政党
国民全体会議
المؤتمر الشعبي العام
al-Mo'tamar ash-Sha'by al-'Am
General People's Congress flag.svg
成立年月日 1982年
本部所在地 サナア
代議院議席数
238 / 301   (79%)
2003年
政治的思想・立場 アラブナショナリズム
包括政党
テンプレートを表示
議席の勢力図

目次

概要編集

1982年8月に旧北イエメン大政翼賛組織として成立し、第一次全国代表大会(国会)で愛国憲章を通過させた。イエメン共和国(現イエメン)成立後も、一貫して与党であり続けている。2003年4月27日に実施された最新の議会選挙では、人民代表院(国会)の定員である301議席のうち、約80%の238議席を獲得した。ただし、野党勢力は不正選挙を主張して抗議活動を行なった。

常務委員会を設置しているが、2017年12月に議長(党首)で前イエメン大統領だったアリー・アブドッラー・サーレハが殺害されて以降は3つの派閥に分裂している。アリー・アブドッラー・サーレハ(現大統領)、サーデク・アミーン・アブ・ラス英語版フーシが推す)、アフマド・アリー・アブドゥッラー・サーレハ英語版(サーレハ前大統領の長男)が自ら議長であると主張している[1]

議席数編集

2003年の総選挙での得票58%となり、また選挙区における議席獲得数は238議席(全体議席の79%)であった。以降、同国で議会選挙は行われていない。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集