メインメニューを開く

アレクサンドル・エドモン・ベクレル

アレクサンドル・エドモン・ベクレルAlexandre Edmont Becquerel, 1820年3月24日 - 1891年5月11日)はフランスパリ出身の物理学者。父は物理学者のアントワーヌ・セザール・ベクレルアンリ・ベクレルは彼の息子である。

アレクサンドル・エドモン・ベクレル
Alexandre Edmond Becquerel, by Pierre Petit.jpg
生誕 1820年3月24日
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国 パリ
死没 (1891-05-11) 1891年5月11日(71歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
研究分野 物理学
研究機関 高等研究実習院
国立自然史博物館
フランス国立工芸院
主な業績 光起電力効果の発見
影響を
受けた人物
アントワーヌ・セザール・ベクレル
影響を
与えた人物
アンリ・ベクレル
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

1853年からフランス国立工芸院で物理学の教授を務めた。太陽放射、電気などの研究を行った。

業績編集

彼の業績の多くは、1867年と1868年の論説に記されている[5][6]

1886年にスウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選出された。

太陽光発電に関する代表的な国際会議であるEU-PVSECは、彼にちなんでベクレル賞(European Becquerel Prize)を設けている[7]

脚注編集