メインメニューを開く

アレクサンドル・ジルキン

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・ジルキンロシア語: Александр Александрович Жилкин, ラテン文字転写: Aleksandr Aleksandrovich Zhilkin, 1959年8月26日 - )は、ロシア政治家2004年12月からアストラハン州知事を約14年間務めた。アストラハン州ヴォロダルスキー地区ツェヴェトノエ村出身。

アレクサンドル・ジルキン
Александр Александрович Жилкин
Alex Jilkin.jpg
アレクサンドル・ジルキン(2003年11月29日撮影)
生年月日 (1959-08-26) 1959年8月26日(60歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国アストラハン州ヴォロダルスキー地区ツェヴェトノエ村
出身校 アストラハン教育大学ロシア連邦大統領付属公共政策アカデミー
前職 教師、コムソモール専従、ロシア最高会議代議員
現職 アストラハン州知事
所属政党 統一ロシア
称号 経済学博士候補生物学博士、自由ロシア擁護メダル、友好勲章、名誉勲章
配偶者 ヴェーラ・ヴィクトロヴナ

在任期間 2004年12月23日 - 2018年9月26日
テンプレートを表示

1981年アストラハン教育大学物理学・数学学部を卒業する。大学卒業後、教職に就き、カスピ第8学校校長まで勤めた。1986年からコムソモール専従となり、1988年アストラハン地区コムソモール委員会第一書記1990年ロシア最高会議代議員に選出される。院内では会派「改革(新政策)」に参加し、最高会議青年問題委員会と憲法委員会に所属した。1991年8月のソ連8月クーデターではエリツィン側に立って、ロシア最高会議ビルに立てこもった。クーデター失敗後、「自由ロシア擁護」メダルを受けている。 1991年アストラハン州行政府第一副代表に任命される。2004年8月17日、当時のアストラハン州知事だったアナトリー・グジヴィンの死にともない知事に就任する。2004年12月5日、州知事選挙の第1回投票で65.34パーセントの票を獲得して当選した。 2007年ロシア下院選挙には、統一ロシアの地域比例代表リストの筆頭に掲載された。

1996年ロシア連邦大統領付属公共政策アカデミーを修了し、経済学博士候補生物学博士号を取得。アストラハン工科大学名誉教授号を授与された。この他、上述の自由ロシア擁護メダルのほか、友好勲章、名誉勲章、ロシア正教会ラドネジの聖セルギイ1等章を授与されている。私生活ではヴェーラ・ヴィクトロヴナ夫人との間にナターリアとイリーナの二女を儲けている[1]。ヴェーラ夫人は「前へのステップ」基金創設者。名称は非公開だが商業銀行の株式を保有している[1]。長女のナターリア・アレクサンドロヴナ・ジルキナは、住宅管理運営会社「ベレグ」社の創設者[1]。2018年9月26日に知事退任。

脚注編集

  1. ^ a b c Иван Голунов (2011年1月13日). “Высокопоставленные наследники – 2”. Slon.ru. 2013年12月29日閲覧。

外部リンク編集


公職
先代:
アナトリー・グジヴィン
  アストラハン州知事
第2代:2004 - 2018
次代:
セルゲイ・モロゾフロシア語版
(代行)