アレクサンドル・ネフスキー大修道院

アレクサンドル・ネフスキー大修道院外観

アレクサンドル・ネフスキー大修道院(-だいしゅうどういん、ロシア語Александро-Невская лавра)は、18世紀ロシアサンクトペテルブルク市のネフスキー地区の南端に建設された修道院1724年ピョートル大帝の命により、ウラジーミルにあったアレクサンドル・ネフスキーの聖骸がこの修道院に移され、聖アレクサンドル・ネフスキーは新首都サンクトペテルブルクの守護聖人となった。1797年、それまでキエフ・ペチェールシク大修道院至聖三者聖セルギイ大修道院にのみ用いられてきた修道院の称号である「ラヴラЛа́вра、Lavra(大修道院)に昇格した。

修道院の敷地内にある2つのバロック様式の教会は、トレジーニ父子によってそれぞれ1717年 - 1722年[1]1742年 - 1750年に建てられた。修道院の中心である新古典主義建築至聖三者聖堂は、イヴァン・スタローフの設計により1778年 - 1790年にかけて建設された。[2]聖骸を納めた棺はこの聖堂に安置されている。その他にも、神学校棟など重要な建造物が多数存在する。

敷地内にはラーザレフ墓地とチーフヴィン墓地があり、古今のロシア各界の偉人達が眠っている。また、18世紀から19世紀にかけての著名な彫刻家による新古典主義彫刻の墓碑の数々でも知られている。

目次

埋葬されている人物編集

政治家編集

軍人編集

作曲家編集

歌手・声楽家・音楽家編集

作家・詩人・批評家編集

演出家編集

画家編集

彫刻家編集

建築家編集

科学者編集

注釈編集

  1. ^ 英語版原文に従う。参考文献によると、1712年 - 1722年に最古の建造物であるブラゴヴェーシェンスカヤ教会が建設されたとある。
  2. ^ 英語版原文に従う。参考文献によると、建設年代は1776年 - 1790年代とある。

参考文献編集

リシャット・ムラギルディン著『ロシア建築案内』TOTO出版、2002年第1版、ISBN 4-88706-216-8