アレックス賞

文学賞

アレックス賞(アレックスしょう、Alex Awards)は、「12歳から18歳のヤングアダルトに特に薦めたい大人向けの本10冊」に1年に1度送られる賞[1]。主催は、アメリカ図書館協会のヤングアダルト図書館サービス協会 (YALSA) 。全米図書館協会が年に1度発表する、年間ベストのヤングアダルト部門に一致するが、同部門はヤングアダルト部門を奨励するためにより多くの作品がリスト化されている。YALSAは他にも「……の10冊」をいくつか発表している[2]

アレックス賞
受賞対象ヤングアダルト世代に特に薦めたい大人向けの本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主催ヤングアダルト図書館サービス協会(全米図書館協会の一部門)
初回1998年 -
公式サイトhttp://www.ala.org/yalsa/alex-awards

賞の名はボルチモア司書マーガレット・アレクサンダー・エドワーズ英語版(通称:アレックス)にちなみ、マーガレット・アレクサンダー・エドワーズ・トラストと、協会が発行するレビュー雑誌Booklist がスポンサーを務める[3]1998年に前年に出版された本のリストから受賞作が選ばれ、2002年からYALSAが運営している。ニール・ゲイマンは2度選ばれた唯一の作家である。

日本の作品では、2015年に湊かなえの『告白』が選ばれている。

受賞者・受賞作編集

1998年 - 1999年編集

1998年[4]
1999年[5]

希望への疾走』(原題:At All Costs


2000年 - 2004年編集

2000年[6]
2001年[7]
2002年[8]
2003年[9]
2004年[10]

2005年 - 2009年編集

2005年[11]
2006年[12]
2007年[13]
2008年[14]
2009年[15]

2010年 - 2014年編集

2010年[16]
2011年[17]
2012年[18]
2013年[19]
2014年[20]

2015年 - 2019年編集

2015年[21]
2016年[22]
2017年[23]

2018年[24]

2019年[25]

2020年 - 2024年編集

2020年[26]

2021年[27]

2022年[28]

  • マリアンヌ・クローニン 『レニーとマーゴで100歳』(原題:The 100 Years of Lenni and Margot )
  • Kareem Rosser Crossing the Line: A Fearless Team of Brothers and the Sport That Changed Their Lives Forever
  • Will Leitch How Lucky
  • T.L. Huchu The Library of the Dead
  • 青木りか Light from Uncommon Stars
  • Rachel Smythe Lore Olympus, Vol. 1
  • Heather Walter Malice
  • Kate Quinn The Rose Code
  • Everina Maxwell Winter’s Orbit
  • Genevieve Gornichec The Witch’s Heart

2023年[29]

  • Sophie Irwin A Lady’s Guide to Fortune-Hunting
  • R. F. Kuang Babel, Or the Necessity of Violence: An Arcane History of the Oxford Translators' Revolution
  • ジェネット・マッカーディ『ママが死んで良かった』(原題:I'm Glad My Mom Died )
  • Jarrett Melendez, illus. by Danica Brine Chef's Kiss
  • Sara Nović True Biz
  • Jamila Rowser, illus. by Robyn Smith Wash Day Diaries
  • ジョン・スコルジー The Kaiju Preservation Society
  • James Spooner The High Desert: Black. Punk. Nowhere.
  • Sue Lynn Tan Daughter of the Moon Goddess
  • Javier Zamora Solito: A Memoir

出典・脚注編集

脚注
  1. ^ 2013年に文庫改題『空へ――「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日』
  2. ^ 2006年に新訳『父親たちの星条旗』
  3. ^ 2007年に文庫改題『君のためなら千回でも』
  4. ^ 2006年に文庫改題『きみがぼくを見つけた日』
  5. ^ 2009年に文庫改題『私の中のあなた』
  6. ^ 2015年に文庫改題『ブラインド・サイド しあわせの隠れ場所』
出典
  1. ^ YALSA's Alex Awards”. Young Adult Library Services Association (YALSA). American Library Association (ALA). 2013年5月4日閲覧。 With links to previous annual lists at the foot of the page.
  2. ^ "YALSA's Best of the Best". YALSA. ALA. Retrieved 2013-05-05.
  3. ^ Betty Carter. “Who Is Margaret Edwards and What Is This Award Being Given In Her Honor?”. The ALAN Review (Spring 1992): 45–48. http://www.ala.org/ala/mgrps/divs/yalsa/booklistsawards/margaretaedwards/whowasedwards/whomargaretedwards.cfm 2009年3月5日閲覧。. [リンク切れ]
  4. ^ 1998 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  5. ^ 1999 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  6. ^ 2000 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  7. ^ 2000 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  8. ^ 2002 Alex Award Winners”. 2022年7月7日閲覧。
  9. ^ 2003 Alex Award Winners”. 2022年7月7日閲覧。
  10. ^ 2004 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  11. ^ 2005 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  12. ^ 2006 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  13. ^ 2007 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  14. ^ 2008 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  15. ^ 2009 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  16. ^ 2010 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  17. ^ Alex Awards 2011”. 2012年1月29日閲覧。
  18. ^ YALSA's Alex Awards. 2012 Winners”. 2013年5月5日閲覧。
  19. ^ YALSA's Alex Awards. 2013 Winners”. 2014年1月31日閲覧。
  20. ^ 2014 Winner Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  21. ^ 2015 Alex Awards”. Young Adult Library Service Association (YALSA). 2022年7月7日閲覧。
  22. ^ 2016 Alex Awards Winners”. Young Adult Library Service Association (YALSA). 2017年5月1日閲覧。
  23. ^ 2014 Winners Alex Awards”. Young Adult Library Service Association (YALSA). 2022年7月7日閲覧。
  24. ^ 2018 Alex Awards” (英語). Young Adult Library Services Association (YALSA) (2019年1月28日). 2019年2月1日閲覧。
  25. ^ 2019 Alex Awards” (英語). Young Adult Library Services Association (YALSA). 2022年7月7日閲覧。
  26. ^ 2020 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  27. ^ 2021 Alex Awards”. 2022年7月7日閲覧。
  28. ^ 2022 Alex Awards”. 2022-04-019閲覧。
  29. ^ Alex Awards”. 2023年4月19日閲覧。

外部リンク編集