メインメニューを開く

アレンカ・ジュパンチッチ(Alenka Zupančič Žerdin、1966年4月1日 - )は、スロベニア哲学者ラカン精神分析学者。

1966年リュブリャナ生まれ。1989年リュブリャナ大学哲学科を卒業し、スロベニア芸術科学アカデミー共同研究員となる。1996年にリュブリャナ大学文学部のスラヴォイ・ジジェクのもとで博士号を取得し、1997年にはパリ第8大学哲学科のアラン・バディウのもとで博士号を取得する[1][2]

スロベニア芸術科学アカデミー哲学研究所研究員[3]European Graduate School英語版教授[4]。スラヴォイ・ジジェク、ムラデン・ドラーと共にリュブリャナ精神分析学派英語版の有力メンバーの一人である[2]

精神分析、大陸哲学を研究し、倫理文学喜劇などのトピックを論じている。ラカン派のジジェクとドラーに大きく影響を受けたが、カントヘーゲルベルクソン、バディウなども参照する。特にニーチェ学者として知られている[4]

『リアルの倫理――カントとラカン』(2000年)では、カント倫理学やラカンを読み解き、「<真実>の倫理」(ethics of the Real)と称するものを提示した。ジジェクは序文で、「私ともあろう者がこの著者に先を越されるとは! こんなヤツは、本なんか書く前にさっさとくたばってしまえばよかったのだ!」[5]と賛辞を送っている。哲学者の小泉義之は書評で、「本書が現代の最先端に位置する書物であることは間違いがない。」[6]と評している。

目次

著書編集

  • Ethics of the Real: Kant and Lacan, (Verso, 2000).
    冨樫剛訳『リアルの倫理――カントとラカン』(河出書房新社, 2003年)
  • Esthétique du désir, éthique de la jouissance, (Théétète, 2002).
  • The Shortest Shadow: Nietzsche's Philosophy of the Two, (MIT Press, 2003).
  • "Ethics and Tragedy in Lacan", The Cambridge Companion to Lacan, (Cambridge University Press, 2003).
  • "The Fifth Condition", Think Again. Alain Badiou and the Future of Philosophy, (Continuum, 2004).
  • Poetika. Druga Knjiga, (Analecta, 2005).
  • Why psychoanalysis? Three interventions, (NSU Press, 2008).
  • The Odd One In: on Comedy, (MIT Press, 2008).

脚注編集

  1. ^ dr. Alenka Zupančič | Filozofski inštitut ZRC SAZU
  2. ^ a b Alenka Zupančič Žerdin | MLADINA.si
  3. ^ prof. dr. Alenka Zupančič Žerdin | Filozofski inštitut
  4. ^ a b Alenka Zupančič Žerdin - The European Graduate School
  5. ^ スラヴォイ・ジジェク 「序――なぜカントのために戦うのか?」 『リアルの倫理――カントとラカン』, p.14
  6. ^ 小泉義之「書評 ジュパンチッチ『リアルの倫理--カントとラカン』--現代思想の閉塞を打破する"本物"」『文學界』57(6), 359-361, 2003-06

参考文献編集

関連項目編集