ムラデン・ドラー

ムラデン・ドラー(Mladen Dolar、1951年1月29日[1] - )は、スロベニア哲学者、文化理論家、ラカン精神分析学者。

2011年のムラデン・ドラー

1951年マリボル生まれ[2]1978年リュブリャナ大学哲学フランス語で卒業し、1979年から1980年パリ第8大学1989年から1990年ウェストミンスター大学で学んだ[2]1992年ヘーゲルに関する学位論文によりリュブリャナ大学で博士号を取得した[2]

1970年代後半、ラカン派精神分析理論・ドイツ観念論マルクス主義の総合を主な目的に、スラヴォイ・ジジェクRastko Močnik英語版リュブリャナ精神分析学派英語版を創始した[2][3]。スラヴォイ・ジジェク、アレンカ・ジュパンチッチと共に有力メンバーの一人である[4]

1982年以来、リュブリャナ大学で哲学を教えている。リュブリャナ大学哲学科教授・上級研究員[5]European Graduate School英語版教授[2]を務める。2015年からシカゴ大学客員教授[6]

研究領域は、ドイツ観念論、構造主義、精神分析理論、映画音楽の哲学音楽理論家映画評論家としても知られている。

著書編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集