アロイス・フォン・リヒテンシュタイン (1968-)

アロイス・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタインドイツ語: Alois von und zu Liechtenstein, 1968年6月11日 - )は、リヒテンシュタイン公国法定推定相続人。称号は、リヒテンシュタイン公世子Erbprinz von und zu Liechtenstein)およびリートベルク伯(Graf zu Rietberg)。

アロイス・フォン・リヒテンシュタイン
Alois von Liechtenstein
リヒテンシュタイン家
Alois of Liechtenstein and Karin Kneissl November 2018 (45170115774) (cropped).jpg

全名 Alois Philipp Maria
アロイス・フィリップ・マリア
称号 リヒテンシュタイン公世子
リートベルク伯
出生 (1968-06-11) 1968年6月11日(54歳)
スイスの旗 スイスチューリッヒ
配偶者 ゾフィー・イン・バイエルン
子女
父親 ハンス・アダム2世
母親 マリー・キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ
テンプレートを表示

経歴編集

当時公世子だったハンス・アダム2世と妃マリーの長男として、チューリッヒに生まれる。ファドゥーツの学校を卒業後、イギリスサンドハースト王立陸軍士官学校に入学した。その後コールドストリームガーズの一員として香港ロンドンで軍務に就き、半年後にザルツブルク大学に入学。その後、法哲学修士号を得て修了した。

1996年までロンドンの企業に勤めた後、帰国して父の財務を担当していた。2004年8月15日より、公国の元首代行を務めている(日本では「摂政」と称されることが多いが、正式には"Regentschaft"(摂政)という職名は用いられておらず、2004年リヒテンシュタイン公勅令第171号では、"die Thronfolge als Meinen Stellvertreter"(余の君主権の代行)を行う者として"Stellvertretung"(代行者)を設置するとしているのみである)。

家族編集

1993年7月、バイエルン公マックス・エマヌエルの長女ゾフィーと結婚、4子をもうけた。

  • ヨーゼフ・ヴェンツェル英語版(1995年 - )
  • マリー・カロリーネ(1996年 - )
  • ゲオルク・アントニウス(1999年 - )
  • ニコラウス・セバスティアン(2000年 - )

脚注編集

[脚注の使い方]
上位
-
本項人物が最上位
リヒテンシュタイン公位継承権者
継承順位第1
下位
ヨーゼフ・ヴェンツェル
(本項人物の長男)