アンティオコス5世エウパトル

セレウコス朝の君主

アンティオコス5世エウパトル古代ギリシア語: Αντίοχος Ε' Ευπάτωρ紀元前172年紀元前161年[1] は、セレウコス朝の君主。紀元前164年から紀元前161年まで在位した。

アンティオコス5世
セレウコス朝バシリウス
シリアの王
Antiochus V Eupator, coin, front side.jpg
在位 紀元前164年11月または12月 – 紀元前161年

出生 紀元前172年
死去 紀元前161年
(享年:10または11)
次代 デメトリオス1世
家名 セレウコス家
王朝 セレウコス朝
父親 アンティオコス4世
母親 ラオディケ4世
テンプレートを表示

ローマ人により王に任命され[2]リュシアス英語版摂政として執政した[3]

生涯編集

即位編集

父王のアンティオコス4世と母のラオディケ4世はペルシャ(パルティア)で急死した。そのため、アンティオコス5世がわずか9歳で王位を継承した。アンティオコス4世にシリアを任されていたリュシアス英語版摂政を務めた。

セレウコス4世(先々代の王)の息子で正当な後継者のデメトリオスローマの人質となっていた。ローマ元老院は22歳のデメトリオスより少年のアンティオコスと摂政のリュシアスによって統治されるほうが都合が良く、帰国することを拒否した[2]

脚注編集

  1. ^ Antiochus V Eupator”. Livius.org. 2020年3月30日閲覧。
  2. ^ a b Appian Roman History, Syrian Wars 8.46.
  3. ^ 1 Macc 6:17

外部リンク編集

アンティオコス5世エウパトル

紀元前163年 - 紀元前161年

先代:
アンティオコス4世
セレウコス朝の王英語版 次代:
デメトリオス1世