メインメニューを開く
アントワーヌ・ルイの肖像画

アントワーヌ・ルイ(Antoine Louis, 1723年2月13日 - 1792年5月20日)は、フランス外科医生理学者

Memoire contre la legitimite des naissances pretendues tardives, 1764

ギロチンの発明者であり、ギロチンは導入当初はルイ博士の名前を取って「ルイゼット(Louisette)」や「ルイゾン(Louison)」と呼ばれていた。