メインメニューを開く

アンパッサン (en passant) は、チェスにおけるポーンの特殊な動きのこと。

目次

概要編集

ポーンでポーンを取る際に適用されるルールを指す。

“en passant”は、フランス語で「通過の途中で」「通過しながら」を意味する[1]。敵のポーンが2マス移動する「途中」で、まるでそのポーンが1マスしか動いていないかのように取るポーンの動きを表現している。チェスのルール上、フランス語圏以外でも「アンパッサン」と呼ばれている[1]日本語では「アンパサン」と表記される場合もある[脚注 1]。また日本チェス協会 (JCA) では、「通過捕獲」という訳語をあてている。

棋譜を書くときのアンパッサンの記号は「e.p. 」となる(例:20. exd6 e.p.)[脚注 2]

動き方編集

   
  • 敵のポーンが通過したマスに、自分のポーンを移動させて駒を取る事ができる。
  • アンパッサンができるのは、次のポーンに限られている。
    • 白: 5ランクまで進ませたポーン
    • 黒: 4ランクまで進ませたポーン
アンパッサンの動き1
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
黒番。これからd7ポーンをd5へ前進させようとしている。
アンパッサンの動き2
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
黒はd5に前進させた。通常e5ポーンは、ここの駒は取れない。
アンパッサンの動き3
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
白番。白はe5ポーンでアンパッサンを行い、黒ポーンを取った。
 
アンパッサンの動き

アンパッサンの条件編集

『やさしいチェス入門』21頁から。

1.ポーン同士である。
2.相手の駒が2マス進んだ直後のみ。
3.隣接したポーンである。

実戦例編集

実際にアンパッサンを行った例編集

アンパッサン直前の局面
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
『勝ち方の基本戦術』より。白が20. f4と指した局面。
アンパッサン直後の局面
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
黒が20. … exf3 e.p.+とアンパッサンでポーンを取った局面。

1. c4 Nf6 2. g3 c6 3. Nc3 d5 4. cxd5 cxd5 5. d4 e6 6. Nf3 Qb6 7. Qc2? Nc6 8. e3 Be7 9. Bd2 Bd7 10. Rc1 Rc8 11. Na4 Qd8 12. Bb5? 0-0 13. Nc5 Bxc5 14. dxc5 a6 15. Bd3? e5! 16. Bf5 e4 17. Bxd7 Nxd7 18. Nc4 Nde5 19. Ke2 Qf6! 20. f4 exf3 e.p.+[2]

このゲームの対局者は不明[3]。黒は20手目でアンパッサンを行った[4]。その後21. Kf1 Nxd4 22. exd4 Nc6 23. Qd3 Nxd4 24. Bc3 Rxc5? 25. Bxd4? Rxc1+ 26. Kf2 Rc2+ 27. Qxc2 Qxd4+ 28. Kxf3 f5 29. Rd1 Qe4+ 30. Qxd4 fxe4+と進行し白が投了した[5]

アンパッサンを行わなかった例編集

白の10手目までの局面
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
ラーセン対スパスキー戦より。白が10. f4?と指した局面。
もし黒がアンパッサンを行うと…
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
黒が10. … exf3 e.p.??とアンパッサンでポーンを取ると…
白の必勝形
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
11. Qxf5+ Kb8 12. Qxf3と進行し白の必勝形になってしまう。

1. b3 e5 2. Bb2 Nc6 3. c4 Nf6 4. Nf3 e4 5. Nd4 Bc5 6. Nxc6 dxc6 7. e3 Bf5 8. Qc2 Qe7 9. Be2 0-0-0 10. f4?[6]

このゲームは1970年の春にベオグラードで開催されたソ連チーム対世界チーム戦[脚注 3]においてソ連チームのボリス・スパスキーと世界チームのベント・ラーセンが対局した4局のゲームうちの2局目である[8]。白のラーセンが10手目を指した局面で黒はアンパッサンが可能な局面となったが、ここで10. … exf3 e.p.??とアンパッサンでf4のポーンを取ると白に11. Qxf5+と指されて黒はf5のビショップを取られてしまう[9]。さらに10. … Kb8とキングを逃げた後12. Qxf3とf3のポーンも取られて白の必勝形となる[9]。実戦では黒のスパスキーが10. … Ng4!と指した後11. g3 h5 12. h3 h4 13. hxg4 hxg3 14. Rg1 Rh1!! 15. Rxh1 g2 16. Rf1 Qh4+ 17. Kd1 gxf1/Q+と進行しラーセンが投了した[10]

備考編集

  • もともとアンパッサンは、ポーンが1マスずつしか進めなかった古い時代のチェスのなごりである。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『図解 早わかりチェス』では「アンパサン」の表記を使用している。
  2. ^ 棋譜を書く場合、必ずしも付ける必要はない。
  3. ^ ソ連チームと世界チームが強い順に10人ずつ並んで同一相手と4局ずつ指しソ連1ヶ国と世界の強さを競い合った大会である[7]

出典編集

  1. ^ a b 『図解 早わかりチェス』、64頁。
  2. ^ 『勝ち方の基本戦術』、39-54頁。
  3. ^ 『勝ち方の基本戦術』、39-59頁。
  4. ^ 『勝ち方の基本戦術』、54頁。
  5. ^ 『勝ち方の基本戦術』、54-59頁。
  6. ^ 『やさしい実戦集』、174-180頁。
  7. ^ 『やさしい実戦集』、174頁。
  8. ^ 『やさしい実戦集』、174-184頁。
  9. ^ a b 『やさしい実戦集』、180頁。
  10. ^ 『やさしい実戦集』、180-184頁。