アンベードカル博士像

日本の高野山大学にある銅像

アンベードカル博士像(アンベードカルはかせぞう)は、日本和歌山県にある高野山大学の構内で、ビームラーオ・アンベードカルの業績を記念して建てられた銅像

日本に設置されたB.R.アンベードカル博士の銅像
B.R.アンベードカル博士の銅像は、この写真が撮影された2015年9月10日に日本の高野山大学で除幕された。写真はアンベードカル像と一緒に写るアンベードカル派の人々

概要編集

ビームラーオ・アンベードカル(1891年 - 1956年)は、不可触賤民ダリットの指導者、人権活動家仏教復興運動の立役者、インド憲法起草委員の一人であり、インド共和国の創設者である。

この像の設置は、2015年9月10日マハラシュトラ州首相のデヴェンドラ・ファドナヴィス英語版によって発表された[1][2][3][4][5]。 像の高さは3.2 m。 高野山開創1200年、B・R・アンベドカール生誕125周年を記念して設立された。 建設費は220万2500ルピーであった[6][7][8][9][10][11][12][13]

脚注編集