アンリ・マンガン

アンリ・マンガン(Henri Manguin、1874年3月23日 - 1949年9月25日)は、フランスの画家。「フォーヴィズム」の画家の一人とされる。

アンリ・マンガン
Henri Manguin
Henri and Jeanne Manguin, 1900.jpg
アンリ・マンガンと妻のジャンヌ・マンガン
生誕 1874年3月23日
フランス,パリ
死没 1949年9月25日
フランス,ガッサン

略歴編集

パリで生まれた。絵を描くために15歳で学校をやめ、1894年には象徴主義の画家、ギュスターヴ・モローの非正規の学生となった。モローのスタジオには当時アンリ・マティスアルベール・マルケが学んでいた。1899年にモデルをしていたジャンヌ・カレットと結婚した。

1902年にアンデパンダン展に初めて出展し、1905年には南フランスのサントロペで描くようになり、作品をサロン・ドートンヌに出展した。有名な画商、アンブロワーズ・ヴォラールに認められ、150点近くの作品を買い上げられた[1]

1908年に友人になったマルケとイタリアを訪れ、ブルターニュやノルマンディーでも活動した[2]。1909年にヌイイ=シュル=セーヌに移り、この頃パリの有名画廊で個展を開いた。第一次世界大戦が始まると1919年までスイスで過ごし、ローザンヌの画廊で個展を開いた。1920年にヌイイ=シュル=セーヌに戻った。その後はパリの画廊での展覧会で活動し、サントロペに集まった画家たちの作品を集めることになるアノンシアード美術館(Musée de l’Annonciade)のプロジェクトにも関わった。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ Fondation de l’Hermitage: MANGUIN. Die Sinnlichkeit der Farbe, Lausanne, 2018. Deutschsprachige Begleitbroschüre zur Ausstellung MANGUIN. La volupté de la couleur vom 22 Juni bis 28. Oktober 2018
  2. ^ Jean-Louis Ferrier: Fauvismus – Die Wilden in Paris, Editions Pierre Terrail, Paris, 1992, ISBN 2-87939-053-2, S. 211

外部リンク編集