アヴィリオス (アレクサンドリア総主教)

パパ・アレクサンドリア総主教アヴィリオスギリシア語: Αβίλιος、ほかにサベリウスミリウスメリオスとも呼ばれる)は、第三代アレクサンドリア総主教。紀元83年から95年の間に任にあった。

アヴィリオス
アレクサンドリア総主教
着座 83年
離任 95年
個人情報
出生 不明
エジプト
死去 95年9月11日
アレクサンドリア
聖人
記念日 8月29日/3月29日(カトリック教会)
コプト暦1月1日(コプト正教会
2月22日(正教会)
テンプレートを表示

来歴編集

ローマ帝国ドミティアヌス治下に着座した。

エウセビオス教会史によれば、前任のアニアノスの死により、後任について協議するため教区内の全ての輔佐主教達と司祭達がアレクサンドリアに集結した。籤を引き、キリスト(ハリストス)についての知識と誠実さによる声望により、満場一致でアヴィリオスが選ばれた。19年8ヶ月の間在任してのち、アレクサンドリアの教会の福音記者マルコ不朽体の隣に葬られた。

使徒教憲(8:4)では、「アヴィリオス」は第二代アレクサンドリア主教であると述べられており、福音記者ルカによって叙聖されたとされている[1]

崇敬編集

アヴィリオスは聖人として崇敬されている。記念日はカトリック教会で8月29日と3月29日、en:Canons Regularで2月23日、コプト正教会ではコプト暦の元日、正教会で2月22日である。

脚注編集

伝記編集

  • Atiya, Aziz S. The Coptic Encyclopedia. New York: Macmillan Publishing Co., 1991. ISBN 0-02-897025-X
  • Holweck, F. G., A Biographical Dictionary of the Saints. St. Louis, MO: B. Herder Book Co. 1924.

外部リンク編集

  • Abelios (83–95)”. Official web site of the Greek Orthodox Patriarchate of Alexandria and All Africa. 2011年2月7日閲覧。