メインメニューを開く

キリストは、ヘブライ語メシアמָשִׁיחַ)のギリシア語Χριστος (Khristos クリストス、フリストス[注 1])からの、日本語における片仮名表記。基督クリストクライストハリストスとも表記される。

本項ではキリスト教における語彙「キリスト」の語義・意義について述べる。

概念編集

ヘブライ語「メシア」での意味は「膏(あぶら)を注がれた(塗られた)者」「受膏者」。古代イスラエルにおいては、預言者祭司、王などの就任に際して膏を塗る習慣があった。キリスト教においてキリスト(メシア)は、特にこの三つの職務(預言職・祭司職・王職)を併せ持つナザレのイエスを指す称号として用いられ、ナザレのイエスはイエス・キリストと呼ばれる[1]。すなわちキリスト教ではナザレのイエスがキリストであると信じられている。イエス・キリストについては、同時代の大部分の人物よりも遥かに多くの確かな情報がある[2]

転写・読みの違い編集

日本では「キリスト」の転写が最も一般的であるが、日本の正教会日本ハリストス正教会)においては「ハリストス」が用いられる[要出典]

ハリストス編集

ギリシャ語"Χριστος"は古典再建音では「クリストス」となるが、中世から現代に至るまでのギリシャ語の読みでは「フリストス」である[要出典]。これを受けてブルガリアやロシア等スラヴ語圏の多くで「フリストス」に類する発音がなされるようになり、日本正教会は正教会の一員としてこれら地域の音を継承・尊重して片仮名表記「ハリストス」を採用している[要出典]

洗礼名としての「キリスト」編集

ギリシャ正教会が多数派であるギリシアでは普通に個人名(クリストス)として命名される[要出典]。これに対して、カトリック教会聖公会プロテスタントといった西方教会や、ギリシャ正教会と同じ正教会の一員ではあるがロシア正教会やその直系である日本正教会では、この名を洗礼名として用いることはまず行われない[要出典][注 2]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「クリストス」…古典ギリシャ語からの転写。「フリストス」…中世以後のギリシャ語の転写。
  2. ^ ただし、スペイン語圏などでは、キリストではなくイエスに相当するヘスス(Jesus)という人名は多く使われている。

出典編集

  1. ^ The Name of Jesus Christ”. CATHOLIC ENCYCLOPEDIA. 2019年6月8日閲覧。
  2. ^ 1.イエスについて実際には何が分かっているのですか?” (日本語). オプス・デイ (2016年9月28日). 2018年5月28日閲覧。

参考文献編集

  • 『岩波キリスト教辞典』岩波書店、2002年6月10日。ISBN 4-00-080202-X[要ページ番号]

関連項目編集