ティトゥス・フラウィウス・ドミティアヌスTitus Flavius Domitianus, 51年10月24日 - 96年9月18日[1])は、ローマ帝国の第11代皇帝である。在位81年から96年フラウィウス朝最後の皇帝であり、ウェスパシアヌスとその妻ドミティリアの次男、先代皇帝ティトゥスの弟にあたる。

ドミティアヌス
Domitianus
ローマ皇帝
Domitien.jpg
胸像
在位 81年9月14日 - 96年9月18日

全名 ティトゥス・フラウィウス・ドミティアヌス
出生 51年10月24日
ローマ
死去 (96-09-18) 96年9月18日(44歳没)
ローマ
配偶者 ドミティア・ロンギナ
  ユリア・フラウィア(愛人)
王朝 フラウィウス朝
父親 ウェスパシアヌス
母親 フラウィア・ドミティラ
テンプレートを表示

治世編集

81年9月、兄ティトゥスが重病に伏すと、速やかに行動し、兄が生存中に帝位を掌握した。そのためドミティアヌスが兄の死期を早めたとの噂がたった。

最初は穏健に始まったその治世は次第に暴虐となり、そのために死後、記憶の抹消(Damnatio Memoriae)に処せられた。ユダヤ人キリスト教徒を迫害したことでも知られる。

スエトニウスの『ローマ皇帝伝』には、教養のある優雅な青年として描かれる。兄と異なり、父のユダヤ遠征には参加していない。父が皇帝に登極すると、次第にその行動は大胆さを増した。

70年ドミティア・ロンギナとルキウス・アエリウス・ラミアを強制的に離婚させ、ドミティアと結婚した。ドミティアはネロ配下の将軍であったグナエウス・ドミティウス・コルブロの次女であった。この結婚は暴力的にはじまったものの、結果としては双方に利益をもたらした。

彼は皇太子として神官などの栄誉職をたびたび受けたが、帝国の行政官職にはつかなかった。政治に関わらなかったため、ドミティアヌスを次期皇帝候補と見たものはいなかったが、兄ティトゥスが死ぬと野心をあらわにして帝位についた。

最期編集

96年に暗殺された。この暗殺はステファヌス(姪ユリア・ドミティアの執事)を含む元老院議員らや元側近によって計画された。占星術によっておのれの死を予告されていたドミティアヌスは心休まず、暗殺を警戒したが、自邸内で暗殺された。ステファヌスは8度ドミティアヌスを突き刺したと伝えられる。遺体は粗末な扱いを受けたが、乳母により火葬にされ、姪のユリア・フラウィアのものと混ぜ合わせられた。

後嗣なく、死後は元老院によってネルウァが皇帝に指名された。


 
ドムス・アウグスタ(ドミティアヌス宮殿の遺構)

系図編集

 
 
 
 
 
 
T・フラウィウス・
ペトロ(en
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
T・フラウィウス・
サビヌス1世 (en)
 
ウェスパシア・
ポッラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サビヌス2世 (en)
 
ケリアリス
 
ウェスパシア
 
1 ウェスパシアヌス
(在位69年-79年)
 
大ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コルブロ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サビヌス3世 (en)
 
 
 
小ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレキナ・
テルトゥラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2 ティトゥス
(79年-81年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3 ドミティアヌス
(81年-96年)
 
ドミティア・
ロンギナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サビヌス4世 (en)
 
 
クレメンス (en)
 
聖ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルキア・
フルニッラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユリア・
フラウィア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウェスパシアヌス
 
ドミティアヌス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注編集

参考文献編集

  • スエトニウス『ローマ皇帝伝(下)』國原吉之助 訳
  • クリス・スカー『ローマ皇帝歴代誌』青柳正規 監修
  • 島田誠『コロッセウムからよむローマ帝国』

関連項目編集

外部リンク編集