メインメニューを開く

アーウェン37英語: ARWEN 37)とはイギリスロイヤル・スモール・アームズ・ファクトリーが開発した個人携帯式の擲弾発射器である。

アーウェン37
M12 smg.JPEG
アーウェン37
種類 グレネードランチャー
製造国 イギリスの旗 イギリス
カナダの旗 カナダ
設計・製造 RSAF
ポリスオーディナンス
仕様
種別 回転式グレネードランチャー
口径 37 mm
ライフリング 5条右転
使用弾薬 37 x 110 mm
装弾数 5 発
ロータリーマガジン
作動方式 トリガー駆動
全長 710mm (Mk.III)
640mm (Tactical)
460mm(Shorty)
730mm(ACE)
重量 3.11kg (Mk.III)
2.98kg (Tactical)
2.72kg(Shorty)
2.07kg(ACE)
有効射程 m
歴史
設計年 1977年
配備先 イギリス軍
バリエーション Mk.III / Tactical / Shorty / ACE
テンプレートを表示

概要編集

アーウェン37グレネードランチャーは警察の暴徒鎮圧用に開発された。ARWEN"(アーウェン)は、"Anti Riot Weapon ENfield"(アンチ・ライオット・ウェポン・エンフィールド)の略である。 多数の暴徒に対処する際に装填の隙が少なくなるよう、5連発のトリガー駆動による自動排莢方式となっており、トリガーを引き絞ると、給弾・発射・排莢が続けて行われる。

専用の37mm×110RBグレネード弾を使用する。この弾は弾薬自体が薬室を兼用しており、そのため銃本体はアルミ合金製で、単純な構造となっている。銃身の内腔にはライフリングが施されている。回転式の弾倉は半解放式の構造を持ち、追加装填が容易で、残弾の数や弾種を容易に目視確認できる。

バリエーションとしては銃身を短縮したTactical、ストックを削ったShorty、単発式にして構造を簡素化、軽量化したACEがある。

その後、商標がカナダのポリスオーディナンス社となり現在、同社が製造している。

イギリス陸軍L67A1として正式採用している。

登場作品編集

関連項目編集

外部リンク編集