メインメニューを開く
アースィマ県の位置

アースィマ県アラビア語: محافظة العاصمةMuḥāfaẓat al-ʿĀṣimah, 英語: Capital Governorate / Al Asimah Governorate)は、クウェートである。クウェート市が県都かつ最大都市である。

「アースィマ」はアラビア語で「首都」を意味し、日本語では「アシマ県」や、踏み込んで訳した「首都県」、「首都州」[1]など何通りかの表記も見られた。

概要編集

首都のクウェート市を含むクウェート国内で最も都市化の進んだ地域である[2]ペルシャ湾洋上のファイラカ島ミスカン島オーハ島も本県の領域に含まれる。

古くはクウェート県アラビア語: محافظة الكويتMuḥāfaẓat al-Kuwait)とも呼ばれ、クウェート国の成立当初はクウェート県と東隣のハワリ県1999年に南部をムバーラク県として分割)の2県のみであったが、以下の3県がクウェート県より分割されてクウェート市近辺の首都圏域が現在のアースィマ県となった。

なお、1990年のイラクによるクウェート併合の際、クウェート全土の一部をイラクのバスラ県に割り当て、残りをイラク19番目の県であるクウェート県英語版としたが、本項とは別の概念である。

交通編集

脚注編集

  1. ^ 『クウェイト』クウェイト国大使館・クウェイト国情報省・日本クウェイト協会、2000年、104頁。
  2. ^ State of Kuwait: About Kuwait(英語)