アードベッグ蒸留所

アードベッグ蒸留所スコットランド・ゲール語: Taigh-staile na h-Àirde Bige)は、 スコットランドアーガイル・アンド・ビュート インナー・ヘブリディーズ諸島アイラ島の南岸のアードベッグにあるスコッチ・ウイスキー蒸留所である。蒸留所はLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンが所有しており、ピート香の強いアイラ・ウイスキーを生産している[1]。蒸留所ではポート・エレン英語版の麦芽製造所から供給される大麦麦芽を使用している。

歴史編集

アードベッグ蒸留所は1798年からウイスキーを生産しており、1815年に商業生産を開始した[2]。ほとんどのスコットランドの蒸留所と同様に、その歴史の大部分において、そのウイスキーはシングル・モルトとしてではなく、ブレンデッド・ウイスキーに使用するために製造された。1886年までに、蒸留所は年間30万ガロンのウイスキーを生産し、60名の従業員を雇用した[2]。アードベッグがハイラム・ウォーカー社に所有されていた期間の1981年に生産が停止したが、1989年に限定的に再開され、1996年後半まで少量生産を継続した[3]。1997年にグレンモーレンジィ英語版によって蒸留所が買収され、操業が再開された(その後、2004年12月28日にフランスのLVMHに合併された[4])。1997年6月25日に生産を再開し、1998年にフル生産を再開した。蒸留所は1997年にエド・ドッドソンによって再開され、1997年から2006年までスチュアート・トムソンがマネージャーを務めた。アイラ島出身でジュラ蒸留所英語版の元マネージャーであり、アードベッグで働いていたミッキー・ヘッズが2007年3月12日より引き継いだ。

「アードベッグ」という名前は、スコットランド・ゲール語で「小さな岬」を意味する”An Àird Bheag”が英国化英語版したものである[5]

製品編集

アードベッグのウイスキーは55ppmのフェノール値を持つ麦芽を使用しており、世界で最もピート香が強いとされている[6]

公式の製品が複数存在する。下記は主要な製品である。

  • 10年(Ten Years Old)、46% ABV、メイン商品[7]
  • アリーナムビースト(Airigh Nam Beist)、46%、1990年蒸留、「動物たちのすみか(または、牧草地)」の意味[8]
  • ブラスダ(Blasda)、40%、フェノール値がわずか8ppmの「軽いピート香」[9]
  • コリーヴレッカン(Corryvreckan)、57.1%、以前はファンクラブの会員限定の商品だった。コア商品のアーリナムビーストに代わる商品として発売された[10]
  • スーパーノヴァ(Supernova)、58.9%、フェノール値100ppmを超える「強いピート香」[11]
  • スーパーノヴァ 2010(Supernova SN2010)、60.1%、フェノール値100ppmを超える「強いピート香」であり、以前のスーパーノヴァよりもアルコール度数が高い[12]
  • ウーガダール(Uigeadail)、54.2%、バーボン樽とシェリー樽の原酒をブレンドしている。蒸留所に水を供給しているロッホの名に由来している。
  • ローラーコースター(Rollercoaster)、57.3%、グレンモーレンジィがアードベッグを所有していた最初の10年で製造した原酒をヴァッティングしたもの。その名前は、各年のウイスキーの量を描いた棒グラフの形がジェットコースターに似ていたことに由来している。ファンクラブであるアードベッグ・コミッティーの設立10周年記念のボトル。
  • アリゲーター(Alligator)、51.2%、極度に焦がされた新品のアメリカンホワイトオークの樽で熟成される[13]
  • ガリレオ(Galileo)、49%、限定版。1999年に蒸留され、2012年にボトリングされた。ウイスキーの熟成に微小重力が与える効果を実験するために宇宙に送られたアードベッグ・スピリッツを記念したボトル[14]
  • アードボッグ(Ardbog)、52.1%、2013年のアードベッグ・デイの特別ボトル。マンサニーリャのシェリー樽で10年以上熟成させたウイスキーを含んでいる[15]

また、アードベッグ・コミッティーの会員が入手可能な、公式のボトリングに先行したコミッティー・ボトルがある[16]。独立系瓶詰業者によるボトルも存在するが、他の蒸留所のインディペンデント・ボトルよりもかなり希少である。

アードベッグが年数表記のあるウイスキーを発売することはほとんどない。

アードベッグは、多くの場合、最低40%以上のアルコール度数でウイスキーを瓶詰めし、その後は冷却濾過英語版を行わない。この両方の方法は、さらに熟成した味わいのウイスキーを生み出すと考えられている。瓶詰め時にアルコール含有量を下げるプロセスは風味を弱くする可能性があり、低温濾過は 脂肪酸タンパク質エステルを除去することでウイスキーにより澄んだ外観を与える一方で、これらの化合物、特に果実のような香りをもたらすエステルを除去することで結果的に風味が損なわれる。

受賞編集

アードベッグの製品は、国際的なスピリッツ・レーティング・コンペティション英語版で数々の賞を獲得している。

  • ジム・マーレイのウイスキー・バイブル2009と2010では、ウーガダールがワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤーとスコッチ・シングルモルト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションでは、2006年から2017年の間に4個のダブル金メダル、6個の金メダル、2個の銀メダルを獲得している[19]

製造編集

アードベッグ蒸留所の生産量は、ポットスチルが2つしかない蒸留所にしては非常に多い。ウォッシュスチルの容量は約18,000リットル、スピリット・スチルの容量は約17,000リットルである[21]。現在、アードベッグの蒸留能力を2倍にする新しい蒸留棟が建設中である。アードベッグは浄水器を使用するスコットランドで唯一の蒸留所であり、これにより、より滑らかな蒸留酒を作ることができる。

宣伝活動編集

アードベッグ・コミッティーは、蒸留所の宣伝のためのファンクラブである。会員は新製品について意見を求められ、商品の特別提供や、集会や試飲会などのイベントへの招待を受ける。コミッティーの会員は会員限定の特別ボトルを購入することができる。

毎年夏に蒸留所はアイラ島の音楽とモルト・ウイスキーのフェスティバル(Fèis Ìle)に参加する[22]。2012年6月2日、蒸留所は「アードベッグ・デー」を世界的に宣伝した。「アイラリンピック」というテーマで世界中でパーティーが行われ、特別ボトルが発売された[23]

2011年、20本のアードベッグのスピリッツの小瓶と木片が国際宇宙ステーションに送られ、相互作用を調べる実験に使用された[24]。それらは2014年9月12日に地球に戻ってきた[25]

文化における言及編集

フィンランドの現代音楽作曲家のオスモ・タピオ・ライハラ英語版はアードベッグに触発され、交響詩『アードベッグ - 管弦楽のための究極の小品』(2003年)を作曲した。この作品は2004年のウーノ・クラミ国際作曲コンペティションで1位を獲得した。2011年4月28日、この作品はガリシア交響楽団英語版ディーマ・スロボデニュークフィンランド語版の指揮でフィンランド放送交響楽団によって録音され、2014年1月にリリースされた[26]

キアヌ・リーブス主演の2005年の映画『コンスタンティン』では、主人公のジョン・コンスタンティンが、自宅のアパートでレイチェル・ワイズ扮するドッドソン刑事と話す最中にアードベッグを飲む。

BBCのテレビシリーズ『MI-5 英国機密諜報部』では、ハリー・ピアース英語版がアードベッグを飲むシーンが頻繁に登場する。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Ardbeg web site”. 2008年6月9日閲覧。
  2. ^ a b Helen Arthur Lisbeth Machielsen訳 (2002) [1997] (dutch). The single malt companion. Libero. p. 58. ISBN 978-9057642364 
  3. ^ Hiram Walker era (under Historical Facts))” (英語). www.masterofmalt.com. 2019年12月11日閲覧。
  4. ^ History ? The Glenmorangie Company”. www.theglenmorangiecompany.com. 2019年12月12日閲覧。
  5. ^ Ardbeg” (英語). www.ainmean-aite.scot. 2019年12月12日閲覧。
  6. ^ Fantastic Formulas and Peaty Potions”. 2012年1月7日閲覧。
  7. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg 10yo”. 12 Decmber 2019閲覧。
  8. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Nam Beist”. 12 Decmber 2019閲覧。
  9. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Blasda”. 12 Decmber 2019閲覧。
  10. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Corryvreckan”. 12 Decmber 2019閲覧。
  11. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Supernova”. 12 Decmber 2019閲覧。
  12. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Supernova SN2010”. 12 Decmber 2019閲覧。
  13. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Alligator”. 12 Decmber 2019閲覧。
  14. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Galileo”. 12 Decmber 2019閲覧。
  15. ^ A Wardrobe of Whisky's info about Ardbeg Ardbog”. 12 Decmber 2019閲覧。
  16. ^ Ardbeg Committee”. 2013年11月21日閲覧。
  17. ^ “Island whisky wins top accolade”. BBC News. (2007年11月18日). オリジナルの2007年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071120142642/http://news.bbc.co.uk/1/hi/scotland/glasgow_and_west/7100733.stm 2019年12月13日閲覧。 
  18. ^ Proof66.com Summary of Ardbeg 10-Year Awards”. 2019年12月13日閲覧。
  19. ^ Proof66.com Summary of Ardbeg Uigeadail Awards”. 2019年12月13日閲覧。
  20. ^ Ardbeg Galileo win World's Best Single Malt Whisky Award”. 2013年5月10日閲覧。
  21. ^ Ardbeg” (2014年11月29日). 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月14日閲覧。
  22. ^ The Islay Festival”. 2012年1月7日閲覧。
  23. ^ Ardbeg Day”. 2012年1月7日閲覧。 (registration required)
  24. ^ Ardbeg Terpene Extraction - Commercial ISS Research - NanoRacks”. nanoracks.com. 2019年12月13日閲覧。
  25. ^ Ardbeg 'space whisky' back on Earth after flavour experiment BBC', 12 September 2014.
  26. ^ ABCD 367 Osmo Tapio Raihala: Peat, Smoke & Seaweed Storm”. alba.fi. 2019年12月13日閲覧。[リンク切れ]


外部リンク編集