メインメニューを開く

アーロン・ベイリー(Aaron Bailey 1971年10月24日- )はミシガン州アナーバー出身のアメリカンフットボール選手。NFLインディアナポリス・コルツでプレーした後、XFLアリーナフットボールリーグを渡り歩いた。ポジションはワイドレシーバー。

No image.svg アーロン・ベイリー American football pictogram.svg
Aaron Bailey
基本情報
ポジション ワイドレシーバー
生年月日 (1971-10-24) 1971年10月24日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州アナーバー
身長 5' 10" =約177.8cm
体重 184 lb =約83.5kg
経歴
大学 ルイビル大学
ドラフト外 1994年
初出場年 1994年
初出場チーム インディアナポリス・コルツ
所属歴

  • インディアナポリス・コルツ(1994年-1998年)
  • シカゴ・エンフォーサーズ(2001年)(XFL
  • カロライナ・コブラズ(2001年-2002年)(アリーナ
  • サンノゼ・セイバーキャッツ(2003年)(アリーナ)
  • ニューオーリンズ・ブードゥー(2004年-2005年)(アリーナ)
  • グランドラピッズ・ランページ(2006年)(アリーナ)
受賞歴・記録
NFL 通算成績
レシーブ回数 67回
レシーブ獲得ヤード 1,040ヤード
タッチダウン 6回
Player stats at PFR

ルイビル大学からNFLインディアナポリス・コルツに入団した。入団2シーズン目の1996年1月14日、ピッツバーグ・スティーラーズとのAFCチャンピオンシップゲームで16-20とリードされた残り5秒、敵陣29ヤードからの攻撃でジム・ハーボウからのヘイルメアリーパス英語版のターゲットとなった。このプレーについて解説のフィル・シムズはパス成功だと主張するほど際どいプレーであったが判定はパス不成功となり[1]、チームはスーパーボウル出場を逃した[2][3]

2001年にXFLのシカゴ・エンフォーサーズ[4]、2001年から2006年までアリーナフットボールリーグでプレー、2005年にはアリーナフットボールリーグトップのレシーブ数を記録した[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Hail Mary pass broken up by Randy Fuller to save AFC Championship win against Indianapolis”. ピッツバーグ・スティーラーズ. 2011年9月4日閲覧。
  2. ^ 1995 AFC Championship Game, Colts vs. Steelers: A Heart is Broken and A Fan is Born”. arthurlifeintheshadows.blogspot.com (2007年1月16日). 2011年9月4日閲覧。
  3. ^ An Unanswered Hail Mary Brings Pure Joy”. bleacherreport.com (2009年5月13日). 2011年9月4日閲覧。
  4. ^ CHICAGO ENFORCERS HISTORY”. sites.google.com. 2011年9月4日閲覧。
  5. ^ Former Indianapolis Colt signs with Grand Rapids”. Our Sports Central (2005年11月1日). 2011年9月4日閲覧。

外部リンク編集