イェー

ミャンマーの居住地

イェービルマ語: ရေးမြို့モン語: ဍုၚ်ရေဝ်、ローマ字転写: Ye)は、ミャンマー南部モン州モーラミャイン地方域(Mawlamyine District)の南端にある町。同名のタウンシップ(Township)の中枢である。マルタバン湾に注ぐイェー川のほとりに位置し、東にテナセリム丘陵が控える。気候は温暖で穏やか。町の経済は主にナッツゴムなどの農業[注釈 1]漁業生産、貿易が中心である。

イェー
ビルマ語: ရေးမြို့
モン語: ဍုၚ်ရေဝ်
イェーから郊外を望む
イェーから郊外を望む
位置
イェーの位置(ミャンマー内)
イェー
イェー
イェー (ミャンマー)
イェーの位置(東南アジア内)
イェー
イェー
イェー (東南アジア)
座標 : 北緯15度14分48秒 東経97度51分20秒 / 北緯15.24667度 東経97.85556度 / 15.24667; 97.85556
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
 州 モン州の旗 モン州
 町 イェー
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30)

交通網は鉄路モーラミャイン=ダウェイ線が通り、また海港がある。住民の大半をモン族の人々が占め[2]モン語教育の中心地である。

2011年8月に豪雨[3]に見舞われ(8月1日の降雨量12.6インチ (320 mm))、洪水により家屋2,000軒が浸水して被災し、学校や市場の一部は閉鎖された。

語源編集

歴史編集

地理編集

気候編集

熱帯モンスーン気候ケッペン気候分類Am)。気温は年間を通して高いが、モンスーンの月は分厚い雲で日照が減り降雨によって最高気温は下がる。冬に乾季(11月~4月)、夏に雨季(5月~10月)があり、6月から9月にかけて集中豪雨が多く、8月だけで降水量は1,200ミリメートル (47 in)超に達する。

人口編集

文化編集

交通編集

経済編集

民間金融機関のカンボーザ銀行(頭字語KBZ)が黄金のパゴダ地区で営業する[4]

教育編集

施設編集

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 日本政府による開発支援の事例。
    事例1=少数民族のための南東部地域総合開発計画(開発計画型技術協力)(開発計画型技術協力)〈支援内容〉
    • 2035年を目標年次とする南東部地域総合開発計画の策定
    • 資金協力を想定した最優先事業(幹線道路整備等)の調査・選定
    • コミュニティ支援パイロット事業等を通じたミャンマー政府関係者の能力強化
    [1]

出典編集

  1. ^ JICA, pp. 3–4, I-2. 少数民族地域支援.
  2. ^ 法務省 2012, pp. 100–111, §§20.23, §§20.41-20.44.
  3. ^ 洪水と感染症について” (日本語). www.forth.go.jp. 厚生労働省検疫所 (2011年10月18日更新). 2022年2月11日閲覧。
  4. ^ ノード: ေရး ဘာညာသာရကာ (4401011789)” (ビルマ語). OpenStreetMap. 2022年2月11日閲覧。
  5. ^ ノード: Sakar Taung (3016173951)” (日本語). OpenStreetMap. 2022年2月11日閲覧。

参考文献編集

本文の典拠、主な執筆者または出版者の順。

関連項目編集

外部リンク編集