イスラエル・ファン・メッケネム

イスラエル・ファン・メッケネム(Israhel van Meckenem、1450年頃-1503年11月10日)は、ドイツ版画家である。

Israel van Meckenem - Das böse Weib.jpg
Meckenem.jpg
Musizierendes Paar am Brunnen (Meckenem).jpg

略歴編集

同名の銅版画家であった父および「E.Sの画家」に師事した。主にエングレービングの作品を500点以上制作しており、マルティン・ショーンガウアーアルブレヒト・デューラーの作品を模した物が多くみられる。

作品編集

  • 「モリスカダンス」 エングレービング 1475年ころ
  • 「聖グレゴリウスのミサ」

参考文献編集

  • 国立西洋美術館「デューラー展」2011年
  • 国立西洋美術館「聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画」2016年