版画家(はんがか、: printmaker)とは版画を媒介にして表現する人。木版画銅版画・石版画(リトグラフ)などで作品を作る。版画専門の美術家は少なく、主に洋画イラストレーションなどと兼業することが多い。著名な版画家の棟方志功は自らの作品を板画(ばんが)と称し、版画とは違うと主張していた。

目次

主な版画家編集

カッコ内は主に使用した技法を示す。

日本編集

海外編集

関連項目編集