イヤック語(イヤックご)は、アラスカ中南部のカッパー川河口付近でかつて話されていたナ・デネ語族に属する言語[1]。イヤック語の最後の話者マリー・スミス・ジョーンズ2008年1月に死去したため、死語となった[2]

イヤック語
Eyak[EE-yak]
話される国 アメリカ合衆国
地域 アラスカコードバ
消滅時期 2008年1月21日、マリー・スミス・ジョーンズ死去により
言語系統
ナ・デネ語族
  • イヤック語
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-3 eya
消滅危険度評価
Extinct (UNESCO)
Status-unesco-extinct.svg
テンプレートを表示

音韻論編集

子音編集

 
カッパー川
  両唇音 歯茎音 後部歯茎音
/ 硬口蓋音
軟口蓋音 口蓋垂音 声門音
中線音 側面音 Plain 唇音化
破裂音 無気音   d [t]     g [k] gw [kʷ] [q]  
有気音   t [tʰ]     k [kʰ]   q [qʰ]  
放出音   t' [t’]     k' [k’]   q' [q’] ' [ʔ]
破擦音 無気音   dz [ts] dl [tɬ] j [tʃ]        
有気音   ts [tsʰ] tl [tɬʰ] ch [tʃʰ]        
放出音   ts' [ts’] tl' [tɬ’] ch' [tʃ’]        
摩擦音   s [s] ł [ɬ] sh [ʃ] x [x] xw [xʷ] [χ] h [h]
鼻音 (m [m]) n [n]          
接近音   l [l] y [j]   w [w]  

母音編集

  硬音/長音 軟音/短音
前舌音 中舌音 後舌音 前舌音 中舌音 後舌音
狭音 i. [iː]   u. [uː] i [ɪ]   u [ʊ]
中音 e. [eː]     e [ɛ][ɛ] a [ə]  
広音 a. [aː]     a [a]    

脚注編集

  1. ^ Eyakを発音記号であらわすと、"EE-yak"となる。 Ref したがって、「イヤック」と表記した。
  2. ^ Mary Pemberton, "Last full-blooded Eyak and fluent speaker of Native language dies", Associated Press (Anchorage Daily News), January 22, 2008.

参考文献編集

  • Krauss, Michael E., ed. 1982. In Honor of Eyak: The Art of Anna Nelson Harry. Fairbanks: Alaska Native Language Center. ISBN 0933769032
  • Krauss, Michael E., and Jeff Leer. Athabaskan, Eyak, and Tlingit Sonorants. Alaska Native Language Center Research Papers No. 5. Alaska Native Language Center, University of Alaska, P.O. Box 757680, Fairbanks, AK 99775-7680, 1981. ISBN 0933769350
  • New Yorker, June 6, 2005: "Last Words, A Language Dies" by Elizabeth Kolbert

関連項目編集

外部リンク編集