イルティス (砲艦)

イルティス(ドイツ語: SMS Iltis)は、ドイツ帝国海軍イルティス級砲艦

イルティス
SMS Iltis
S.M. kanonenboot Iltis.jpg
砲艦イルティス(1902年)
基本情報
建造所 シーヒャウ社ダンツィヒ造船所
運用者 War Ensign of Germany (1892–1903).svg ドイツ帝国海軍
艦種 イルティス級砲艦
艦歴
起工 1897年
進水 1898年8月4日
就役 1898年12月1日
最期 1914年9月28日に自沈
要目
排水量 1,048トン
長さ 65.2メートル
9.1メートル
吃水 3.59メートル
推進 形式不明石炭専焼缶4基
+直立型三段膨張式レシプロ機関2基2軸推進
速力 14.8ノット
航続距離 9ノットで3,080海里
乗員 士官、兵員129名
搭載人員 士官9名、兵員121名
兵装 10.5cm(40口径)単装速射砲2基
オチキス 3.7cm(23口径)回転式機砲6基
テンプレートを表示

経歴編集

イルティスは1897年にシーヒャウ社ダンツィヒ造船所で起工された。1898年8月4日に進水し、12月1日にドイツ帝国海軍で運用が開始された。

イルティスはまずアジアに拠点を置く東洋艦隊へ派遣された[1]。その他にも防護巡洋艦カイゼリン・アウグスタハンザヘルタ英語版イレーネ英語版非防護巡洋艦ゲフィオン砲艦ヤグアル英語版などが派遣された[2]が、間もなく義和団事件が勃発すると、ヴィルヘルム2世八カ国連合軍に加わり義和団の反乱を鎮圧する構えを取った。そのためイルティスはアルフレート・フォン・ヴァルダーゼー指揮の下、ブランデンブルク級戦艦4隻を中心とする大艦隊に組み込まれた[3]

第一次世界大戦勃発直後の1914年軽巡洋艦エムデンロシア帝国貨客汽船リャザンを拿捕した。青島に係留されたリャザンは、砲艦イルティス・ファーターラント、非防護巡洋艦コルモラン英語版などの兵士や兵装を搭載し、仮装巡洋艦コルモラン英語版へと再建造された[4]。そのため、兵士や兵装などを抜かれたイルティスは無用となり、1914年9月28日に自沈処分された。イルティスの姉妹艦であるヤグアル、ティーガールクス英語版青島の戦いの最中に自沈処分されている[5]

脚注編集

  1. ^ Gröner, pp. 142–153
  2. ^ Perry, p. 28
  3. ^ Herwig, p. 106
  4. ^ Hildebrand, Röhr, & Steinmetz, p. 196
  5. ^ Gröner, p. 143

参考文献編集

  • Gardiner, Robert, ed (1979). Conway's All the World's Fighting Ships: 1860–1905. London: Conway Maritime Press. ISBN 0-85177-133-5 
  • Gröner, Erich (1990). German Warships: 1815–1945. Annapolis: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-790-9 
  • Herwig, Holger (1998) [1980]. "Luxury" Fleet: The Imperial German Navy 1888–1918. Amherst: Humanity Books. ISBN 978-1-57392-286-9 
  • Hildebrand, Hans H.; Röhr, Albert; Steinmetz, Hans-Otto (1993). Die Deutschen Kriegsschiffe. 2. Ratingen: Mundus Verlag. ISBN 978-3-8364-9743-5 
  • Perry, Michael (2001). Peking 1900: the Boxer rebellion. Oxford: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-181-7