仮装巡洋艦(かそうじゅんようかん)は、貨客船に火器を備え付けた武装商船の一種で、主に通商破壊作戦に投入された特設艦船のこと[1][注釈 1]巡洋艦の名称がつけられているが、民間船を改造した艦艇であるため、軍艦とは船体構造が異なる[注釈 2]

概要編集

仮装巡洋艦の用例の第一は、第一次世界大戦第二次世界大戦において中立国商船に偽装して敵国の商船を襲撃したドイツ軍艦を指す[注釈 3][注釈 4]ドイツ語Hilfskreuzer の訳語で、より直訳的には補助巡洋艦となる[4]。 第二次世界大戦ではその目的から通商破壊巡洋艦 (HSK : Handelstörkreuzer) と名付けた。イギリス海軍はこの種のドイツ艦船を商船襲撃艦 (Merchant raider) と呼び、海上兵力の多くを投入して追跡した。例えば、仮装巡洋艦アトランティスには Raider-C 、トールには Raider-E といった具合に符丁をつけ、すべてのドイツ仮装巡洋艦をマークしていた。

仮装巡洋艦の用例の第二は、日露戦争から第一次世界大戦の時期、日本における特設艦船の下位ー分類としての呼称である。日清戦争では、この名称は用いていない[注釈 5][注釈 6]。 日露戦争の日本海海戦バルチック艦隊を発見した信濃丸[6]、哨戒任務についていた「仮装巡洋艦」であった[7]。また外国の同等の艦種も「仮装巡洋艦」と呼んだ[8]特設巡洋艦は昭和に入ってからの呼称である。

武装した商船一般については武装商船日本海軍の商船改装軍艦の詳細については特設艦船を参照。

解説編集

仮装巡洋艦は、旅客船油槽船貨物船など既存の商船を改造して武装化した特殊艦艇である[4]。「巡洋艦」と呼称されているが、元々が民間船であるため敵の軍艦と正面から戦う艦種ではない[注釈 1]。装甲等の防御力は申し訳程度しかなく、爆撃砲撃で簡単に沈められた。正規の巡洋艦を建造するよりも時間と費用を節約できる上に[注釈 2]、数を補うことが可能である[9]

商船を流用しているとはいえ海軍籍であるため、乗員は全て海軍籍の将兵があてられた。通商破壊を任務とする場合、軍艦然とした船舶が商船に近づけば、警戒されて逃げられるおそれがある。そこで、武装の多くは船端に隠れるように設置され、さらにカバーをかけるなど隠蔽していた。また甲板員は軍服ではなく民間船員服を着用し、中立国国旗を靡かせて中立国の商船に偽装することも多かった。太平洋戦争で日本海軍が投入した「愛国丸」「報国丸」に至っては、甲板員が女装した場合すらあった(ただし訓練時であり、実戦で行われたどうかは不明)。これは仮装巡洋艦の運用にあたって第一次世界大戦のQシップやドイツ仮装巡洋艦のエピソードに倣い[注釈 7]、敵巡洋艦と遭遇した際に「本船は民間船である」と誤魔化すための措置であったという[12]

追跡のために一般の商船より優速ではあったが、さらに確実に標的を捕捉するために、民間船を装ったまま十分に接近してから、はじめて国際法上要求される自国の海軍旗を掲げて攻撃を開始する戦法がとられていた。攻撃は、弾薬節約のために威嚇射撃のみに留め、離脱や通報の危険があった場合のみ砲撃するという手順が通常である。

標的船舶の停船に成功した場合は、ボートを使って拿捕部隊(de)が乗り移った[13]拿捕した船舶は、積み荷や船自体の価値・船の速力、あるいは襲撃者がおかれた状況を検討し、海没処分するか、有効活用するために味方の港湾に回航するかを決める[14]。場合によっては、補給船および捕虜収容船として使用するために、拿捕した船舶をそのまま同伴することもあった。拿捕した船舶を沈没させる場合には、弾薬の節約のために爆薬を仕掛けて自沈させる方法がよくとられた。魚雷による雷撃処分も行われた[15][14]

拿捕部隊は、処分が自沈と利用のいずれになっても良いように、天測用具など航海に必要な器具・材料を爆薬とともに拿捕する船に持ち込んだ。回航班は少人数であるため、捕虜とした船員をそのまま持ち場につかせて航海することもあった[16]

第一次世界大戦編集

蒸気機関が主力である当時の艦船は、石炭を補給することなしに長期間航海をすることができなかった。世界中に根拠地と同盟国を持つイギリス帝国連合国)を敵とするドイツ帝国中央同盟陣営)に、石炭を供給する国は多くなかった。またドイツ帝国の海外植民地も次々に攻略され、石炭貯蔵所も無くなった[17]。このため、しばしば拿捕した船の石炭(と食糧)を利用して航海を続けた[注釈 8]

石炭の補給なしに長期間に渉り通商破壊戦を継続できる帆船を利用したゼーアドラー (SMS Seeadler) と、艦長フェリクス・フォン・ルックナー少佐[17]の活躍は有名である。太平洋でゼーアドラー号を追跡した日本海軍の第三特務艦隊(司令官山路一善少将)は、捕虜となったルックナー少佐を旗艦筑摩に招き[19]、対談している[20]

第二次世界大戦編集

第二次世界大戦でもドイツ海軍は仮装巡洋艦(補助巡洋艦)を多数準備した[21]。開戦後間もない1940年3月から、大西洋インド洋太平洋に順次、出撃している(オーストラリア海域における枢軸海軍の活動)。大西洋では「アトランティス」の活躍が特に有名で[4]、同艦はオートメドン号事件イギリス極東軍司令部の機密文書(英軍暗号書、作戦計画書)を入手、拿捕船を経由して日本に届けた事もある。 太平洋方面に対しては仮装巡洋艦2隻(オリオンコメート)と補給船で極東部隊 (Fernost-Verband) が編制され、ナウル砲撃英語版ドイツ語版などを実施した。

イギリス海軍補助巡洋艦 (Auxiliary cruiser) と呼び、日本海軍が特設巡洋艦と呼んだ商船改造艦は、友軍の航空優勢の下で活動し、燃料補給にもそれほどの問題がなかったので、10,000トン前後かそれ以上の客船を転用した。偽装は全く行わないか、またはごく簡単に行う場合が多かった。日本海軍は報国丸級貨客船報国丸愛国丸)で第二十四戦隊を編制し、南太平洋[22]インド洋通商破壊作戦を実施した[23]ディエゴ・スアレス奇襲作戦における報国丸と愛国丸は、洋上で行動する潜水艦への補給艦特設潜水母艦)としての役割も担った[24]

一方ドイツ海軍 (Kriegsmarine) やイタリア王立海軍 (Regia Marina) のようにほぼ敵の制海権制空権下に通商破壊艦として活動する場合には、入念な偽装が施され、目立たない数千トンの高速貨物船を利用した。第二次世界大戦初期は活発に行われた水上艦による通商破壊戦であったが、1942年頃から連合国軍の哨戒網の強化に伴い多くが撃沈され、1943年をもって活動を終えた[21]。生き残りの仮装巡洋艦の一部は改装されて、防空戦闘機部隊の指揮艦に転用されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 第十六 假装巡洋艦の構造能力任務[2] 假装巡洋艦とは商船として平時の用に供せられつゝある船舶が一朝有事の場合に艤装を施して巡洋艦の代用を爲すの意義である故に此目的を以て創られる船舶は必要に臨み砲熕を備へ得る様に其場所重要及發射の激動に耐へる構造を有して居り且つ彈藥庫等は水面下に設けて敵彈に對する防禦の準備がしてあるのを要領とする
     但し戰時に巡洋艦の代理を爲すといふても敵の巡洋艦などゝ闘ふの目的ではなく敵商船の捕獲特別の通信見張、特種の運搬等に從事するのを其任務とするので義勇艦隊の如きは此假装巡洋艦たるを本來の目的とする船舶である。
  2. ^ a b 假装巡洋艦[3] 無装甲無防護のものではあるが、戰時巡洋艦の不足を補ひ、主として偵察哨戒等の勤務に充つる爲め、快速力を有する商船に適當な武装を施して之を用ふるものであつて、軍用としては唯此の適當な武装を施すといふ事丈が其の特色とする所である。從つて之が爲めには、構造上成べく軍事上の要求に應じ得べきものを製造し、平時は海上運輸の業を營むべき會社其の他に属せしむを以て便宜とするのである。されど此の種のものは各國ともに軍機保護上、如何なるものを以て之に充るかを公表して居らぬ。
  3. ^ 第一次世界大戦における中央同盟国ドイツ帝国オーストリア=ハンガリー帝国オスマン帝国)の敵は、日本イタリア王国を含む連合国である(第一次世界大戦の参戦国)。
  4. ^ 第二次世界大戦における枢軸陣営ナチス・ドイツイタリア日本)の敵は、イギリス連邦アメリカ合衆国などの連合国である(第二次世界大戦の参戦国)。
  5. ^ 一例として、1894年(明治27年)9月17日の黄海海戦樺山資紀軍令部長が乗り込んだ徴用貨客船西京丸は、「巡洋艦代用」や「特務艦」と呼ばれていた。
  6. ^ 1896年(明治29年)4月1日に制定された『海軍艦船條例』では、第1種軍艦(戰闘ノ役務ニ堪フル軍艦ヲ謂フ)、第2種軍艦(戰闘ノ役務ニ堪ヘサルモ常務ヲ帯ビ航行シ得ル軍艦ヲ謂フ)、水雷艇、雑役船舟(軍艦水雷艇及之ニ装置セル小蒸汽舩、端舟ヲ除ク外總テ他ノ舩舶舟艇ヲ謂フ)という分類だった[5]大日本帝国海軍艦艇類別変遷)。
  7. ^ ドイツ帝国海軍の英雄ルックナー少佐(帆船ゼーアドラー号)は、童顔の機関助手を女装させて「ノルウェー人船長の妻」と称した[10]。実際にイギリス海軍の補助巡洋艦に遭遇して艦内臨検を受けた際、そのカモフラージュが功を奏したという[11]
  8. ^ ドイツ帝国海軍の通商破壊艦として有名になった小型巡洋艦エムデンドイツ東洋艦隊)も、拿捕した民間船から石炭を補給して作戦を続けた[18]

出典編集

  1. ^ 歴史群像、図説ドイツ海軍全史 2006, pp. 124a-125仮装巡洋艦 Hilfskreuzer
  2. ^ 最新海軍通覧 1910, p. 38原本50-51頁
  3. ^ 現代海上の兵備 1915, p. 58原本58頁
  4. ^ a b c d 歴史群像、図説ドイツ海軍全史 2006, pp. 124b-125.
  5. ^ 御署名原本・明治二十九年・勅令第七十一号・海軍艦船条例制定軍艦条例廃止(国立公文書館)御02262100(国立公文書館)」 アジア歴史資料センター Ref.A03020231100 
  6. ^ 巡洋艦の話 1938, p. 27.
  7. ^ 極秘 明治37.8年海戦史 第2部 戦紀 巻2及備考文書付表付図(防衛省防衛研究所)第28号 仮装巡洋艦信濃丸日本海海戦航跡図(信濃丸戦闘報告付図)」 アジア歴史資料センター Ref.C05110098600 
  8. ^ 極秘 明治37.8年海戦史 第1部 戦紀 巻8.9付表及付図(防衛省防衛研究所)第20号 日露艦隊戦力比較表(明治37年11月調査)」 アジア歴史資料センター Ref.C05110064000 
  9. ^ 巡洋艦の話 1938, p. 24.
  10. ^ ドイツ魂物語 1938, pp. 23–24.
  11. ^ ドイツ魂物語 1938, pp. 35–40敵士官の鋭い瞳
  12. ^ 変わりダネ軍艦 2017, pp. 91–93連合軍から恐れられたQ船
  13. ^ 変わりダネ軍艦 2017, p. 101.
  14. ^ a b 変わりダネ軍艦 2017, p. 113.
  15. ^ 変わりダネ軍艦 2017, p. 94.
  16. ^ 変わりダネ軍艦 2017, pp. 102–104.
  17. ^ a b ドイツ魂物語 1938, p. 13.
  18. ^ 巡洋艦の話 1938, pp. 33–36八、怪巡エムデンの通商破壊
  19. ^ ドイツ魂物語 1938, pp. 140–144さすがは日本の提督
  20. ^ ドイツ魂物語 1938, pp. 160–168荒鷲艦長を感激させた山路提督
  21. ^ a b 歴史群像、図説ドイツ海軍全史 2006, pp. 81–82補助巡洋艦の戦い
  22. ^ 変わりダネ軍艦 2017, pp. 92–93通商破壊戦に仮装巡洋艦出撃す
  23. ^ 変わりダネ軍艦 2017, pp. 96–97仮装巡洋艦インド洋に現わる
  24. ^ 戦史叢書80 1975, pp. 379–383海上交通破壊戦、特殊潜航艇の攻撃

参考文献編集

  • 石川美邦著、『横浜ドイツ軍艦燃ゆ』、(1942年11月30日、横浜港で起きたドイツの封鎖突破船と仮装巡洋艦トールの爆発事件の全貌。102人死亡)、木馬書館、1995年
  • 塩山策一ほか 『変わりダネ軍艦奮闘記 裏方に徹し任務に命懸けた異形軍艦たちの航跡』潮書房光人社、2017年7月。ISBN 978-4-7698-1647-8 
  • (88-97頁)当時第二十四戦隊参謀・海軍中佐伊藤春樹『奇略と名手の忍術軍艦 愛国丸と報国丸 仮装巡洋艦二隻を擁し通商破壊作戦に参入した二十四戦隊の航跡
  • (98-114頁)当時「愛国丸」乗組・海軍少佐安永文友『特設巡洋艦二隻のインド洋通商破壊戦 拿捕船回収班が綴るオランダ油槽船回航と報国丸最後の周辺
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • 『極秘 明治37.8年海戦史 第2部 戦紀 巻2備考文書第2(防衛省防衛研究所)第47号 信濃丸艦長海軍大佐成川揆の提出せる仮装巡洋艦信濃丸の日本海海戦に於る戦闘報告』。Ref.C05110090000。 
    • 『極秘 明治37.8年海戦史 第6部 艦艇船 巻14(防衛省防衛研究所)第3編 特設船舶の艤装/第1章 仮装巡洋艦』。Ref.C05110135500。 
    • 『明治37年 日露役旅順附近海戦一覧表(防衛省防衛研究所)日本海海戦戦果(明治38年5月27・28日) 戦場に現はれたる敵艦数38隻中』。Ref.C14120009600。 


関連項目編集