イルンガ・マカブ

イルンガ・マカブIlunga Makabu、男性、1988年 - )は、コンゴ民主共和国 (旧国名 : ザイール) のプロボクサーカナンガ出身、ヨハネスブルク在住。WBC世界クルーザー級王者。

イルンガ・マカブ
基本情報
本名 イルンガ・マカブ
通称 The Junior
階級 クルーザー級
身長 184cm
リーチ 193cm
国籍  コンゴ民主共和国
誕生日 (1987-11-08) 1987年11月8日(33歳)
出身地 西カサイ州カナンガ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 27
KO勝ち 24
敗け 2
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

来歴編集

2008年6月20日、マカブはプロデビューを果たすが初回29秒TKO負けで白星でデビューを飾れなかった。この時マカブは英語が分からずにKOされてしまったと振り返っている。

2011年11月19日、ペドロ・オタスとWBF世界クルーザー級王座決定戦で対戦し11回2分54秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年2月16日、ケンプトン・パークのエンペラーズ・パレスでゴリタ・ゴルギランゼとIBF世界クルーザー級ユース王座決定戦で対戦し4回1分49秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年7月13日、モンテカルロのサルデ・ゼトワールでWBC世界クルーザー級シルバー王座決定戦でドミトロ・クーチャーと対戦し12回2-0(115-113、114-114、115-114)の判定勝ちを収め苦戦しながらも王座獲得に成功した。

2013年8月31日、エンペラーズ・パレスでエリック・フィールズと対戦し5回1分59秒KO勝ちを収め初防衛に成功した。

2014年6月28日、キンシャサのグランド・ホテル・デ・キンシャサでWBCインターナショナルクルーザー級王座決定戦で元IBF世界ライトヘビー級王者グレンコフ・ジョンソンと対戦し9回2分40秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2015年5月16日、チャビソ・ムチュヌWBC世界クルーザー級指名挑戦者決定戦を行い判定ではリードを許すが(95-96、95-95、94-97)11回1分56秒逆転KO勝ちでグリゴリー・ドロストへの挑戦権獲得に成功した。

2015年11月4日、ロシアで。クルーザー級王者グリゴリー・ドロストと対戦する予定だったが、ドロストがトレーニング中に負傷したため延期となった[1]

2016年4月8日、モスクワルジニキ・パレス・オブ・スポーツで延期になっていたWBCクルーザー級王者グレゴリー・ドロストと対戦し王座獲得を目指す予定だったが、ドロストがスパーリング中に負傷したため中止になった[2]

2016年3月16日、WBCは上記の負傷を理由に指名試合が行えなくなったWBC世界クルーザー級王者のドロストを休養王座に認定し正規王座を空位にした。その空位の王座決定戦でWBC世界クルーザー級1位のマカブとWBC世界クルーザー級8位のトニー・ベリューと対戦するように発令した[3]

2016年5月29日、リヴァプールグディソン・パークでWBC世界クルーザー級8位のトニー・ベリューWBC世界クルーザー級王座決定戦を行い初回にダウンを奪うも3回にデビュー戦以来8年ぶりとなるダウンを奪い返されて失神しそのままレフェリーストップ。デビュー戦以来の黒星となる3回1分20秒逆転TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

2019年9月30日、ドン・キングと契約した[5]

2020年1月31日、コンゴ民主共和国キンシャサミハル・チェスラックWBC世界クルーザー級王座決定戦を行い、12回判定勝ちを収め王座獲得に成功した[6]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Notes: Crawford-Jean being worked out”. ESPN.com (2015年8月13日). 2015年8月13日閲覧。
  2. ^ ドロズド負傷、トロヤノフスキーvsクエンカⅡ挙行 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月25日
  3. ^ Drozd out with injury, Makabu-Bellew to clash for vacant WBC cruiserweight belt fightnews.com 2016年3月16日
  4. ^ 海外試合結果 ベリューがWBCクルーザー級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月30日
  5. ^ Ilunga Makabu Inks Promotional Pact With Don King”. Boxing Scene.com (2019年9月30日). 2019年11月12日閲覧。
  6. ^ Ilunga Makabu Surges Past Michal Cieslak To Claim WBC Cruiserweight Title”. BoxingScene.com (2020年1月31日). 2020年2月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集