インフレツィ川ウクライナ語: Інгуле́ць)は、ウクライナ南部ので、ドニエプル川の右支流である。延長557 km、流域面積14,460 km2[1]

インフレツィ川
Інгуле́ць
Mündung der Saksahan in die Inhulez in Krywyj Rih 3.JPG
延長 557 km
流域面積 14,460 km²
水源 キロヴォフラード州
河口・合流先 ドニエプル川
流域  ウクライナ
テンプレートを表示

概要編集

ドニエプル高原のキロヴォフラード州クロプィウヌィーツィクィイ郡トピロ村の西にある渓谷に源を発する[1]。その後南下し、クリフバス鉄鉱石盆地、ヘルソン州ムィコラーイウ州を流れ、最終的にヘルソン市の東約30kmでドニエプル川に流れ込む。ドニエプル高原の南部を流れ、黒海低地を越える。

上流の谷は台形で、いくつかの地域では浅い峡谷を形成し、その幅は1kmに達する箇所もある。下流の渓谷は段々畑になっている。全体に強く蛇行している[1]

川沿いの主な都市には、オレクサンドリーヤクリヴィー・リーフ、シロク、スニフリフカなどがある。また、川沿いの町ペトロヴェには、この川の名前を冠したFKインフレツィ・ペトロヴェというプロサッカーチームが存在する[2]

ドニエプル川のクレメンチューク貯水池ウクライナ語版を起点とし、クリヴィー・リーフ近くのカラチュニウ貯水池に流れ込む人工水路が存在し[3]、鉱山の中心地クリフバス鉄鉱石盆地への水の供給や、農業のための灌漑として利用されている[4]

地質学的特質編集

インフレツィ川沿いには、ミグマタイト、アルコース砂岩、角閃岩などさまざまな岩石の露頭が見られ、地質学的保護区に指定されている[5]

クリヴィー・リーフ付近は鉱山地帯で、人工の峡谷を流れる。河岸には20億年前に形成されたと推定される「鷲の巣(Скеля Орлиное гнездо)」「小オルリンカ」と呼ばれる岩石群MOPR岩ウクライナ語版Скалы МОПРа)があるほか[6]、広大な鉄鉱石の露天掘りや、街を見渡すことができるほどの巨大なボタ山が存在する。

見どころ編集

  • フョードル・メルシャウツェウ公園
  • MOPR岩
  • ミグマタイト露頭
  • スクレヴァツキーの露頭
  • アルコース砂岩露頭
  • チェルノレス保護区
  • インフレツィ草原景観保護区

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b c Інгулець — Енциклопедія Сучасної України”. esu.com.ua. 2022年5月28日閲覧。
  2. ^ Ingulec – Professional Ukrainian football club from Petrove” (英語). 2022年5月28日閲覧。
  3. ^ Інгулецький канал — Енциклопедія Сучасної України”. esu.com.ua. 2022年5月28日閲覧。
  4. ^ Інгулецька зрошувально-обводнювальна система — Енциклопедія Сучасної України”. esu.com.ua. 2022年5月28日閲覧。
  5. ^ Природні заповідники” (ロシア語). Дніпропетровська обласна універсальна наукова бібліотека. 2022年5月28日閲覧。
  6. ^ Discover Ukraine” (英語). discover.ua. 2022年5月28日閲覧。