メインメニューを開く

角閃岩 (かくせんがん、amphibolite, hornblende schist)は、普通角閃石(hornblende)と斜長石(plagioclase)を主成分とする変成岩塩基性火成岩変成作用を被ったとされる岩石。鉄ばん柘榴石を含むものはザクロ石角閃岩という。

なお、普通角閃石を主成分とする火成岩は、角閃石岩hornblendite)という。

関連項目編集

参考文献編集


外部リンク編集