イヴァン・フセヴォロドヴィチ (スタロドゥーブ公)

イヴァン・フセヴォロドヴィチロシア語: Иван Всеволодович、1197年8月28日 - 1247年)は歴代スタロドゥーブ(スタロドゥーブ・ナ・クリャージメ)公のうちの1人である。在位:1238年 - 1247年。いくつかの系譜史料において、カシャ(ロシア語: Каша)という通称が付されている。

イヴァンはウラジーミル大公フセヴォロド(大巣公)の年少の子である。父の死後の、兄コンスタンチンユーリーのウラジーミル大公位をめぐる政権闘争(ru)には、ユーリー陣営に立って参加した。

1226年、兄スヴャトスラフ(ru)と共に、モルドヴァ人を攻め、勝利を収めた。

モンゴルのルーシ侵攻の後、ウラジーミル大公となった兄ヤロスラフからスタロドゥーブ(スタロドゥーブ・ナ・クリャージメ)を与えられ、以後この地を統治した。1246年、兄ヤロスラフと共にジョチ・ウルスに出向し、スタロドゥーブ公位は息子のミハイル(ru)に譲られた。

参考文献編集