イ・シオン

大韓民国の俳優 (1982-)

イ・シオン(이시언、1982年7月3日[1] - )は、韓国俳優釜山広域市出身[3]ソウル芸術大学放送演芸科卒業[1]。Story J Company所属[2]

イ・シオン
이시언
イ・シオン 이시언
2019年
生年月日 (1982-07-03) 1982年7月3日(39歳)
出身地 大韓民国の旗 韓国
身長 176cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2009年[1]-
事務所 Story J Company[2]
主な作品
ドラマ
チング 〜愛と友情の絆〜
応答せよ1997
W-君と僕の世界-
アビス
映画
『妻を殺した』
テンプレートを表示
イ・シオン
各種表記
ハングル 이시언
漢字 李施彦
発音: イ・シオン
ローマ字 Lee Si Eon
テンプレートを表示

来歴編集

大学で演劇を学びながら舞台に出演し無名時代が続くが、2009年にドラマ『チング 〜愛と友情の絆〜』のオーディションに合格し主役の一人に抜擢される[1]

2012年、ドラマ『応答せよ1997』で主要キャラクターのパン・ソンジェ役を演じ知名度を上げ[3]、名脇役俳優として数々の作品に出演[4]

俳優業以外にも、2015年から2020年までバラエティ番組『私は一人で暮らす』に出演し、ギアン84、ヘンリーソンフンらとともに「愛しいおバカ4兄弟」と呼ばれお茶の間の人気者になる[4]

2016年10月、担当マネージャーが新しく立ち上げた企画会社「BSカンパニー」の所属俳優第1号となり[5]、2019年からはBSカンパニーが新設した俳優マネジメント会社「Story J Company」に所属している[2]

2019年2月24日、日本で初めてファンミーティングを開催した[6]

コミカルなキャラクターを演じることが多いが、10年ぶりに主演を務めた映画『妻を殺した』ではシリアスな役に挑んだ[7]

2021年5月、舞台版の『完璧な他人』で演劇に初挑戦する[8]

人物編集

交友が広く、ナムグン・ミンキム・ナムギルFTISLANDイ・ホンギRAINらと親友関係にある[4]。 『応答せよ1997』の共演で出会ったソ・イングクとは俳優としてまだ売れてなかった当時励まし合った仲で、現在も親友関係が続いており、ソ・イングクはイ・シオンの紹介で2017年8月から同じ事務所に所属している[9][10]

2018年2月、女優のソ・ジスンとの交際が報じられ所属事務所が交際を認めた[11]

出演編集

ドラマ編集

映画編集

舞台編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e イ・シオンのプロフィール、画像、最新ニュース”. wowKorea. 2021年3月1日閲覧。
  2. ^ a b c “キム・テヒ&ユ・スンホら俳優30名、Story J Companyへ移籍”. KBS WORLD. (2019年8月13日). https://www.kbsworld.ne.jp/entertainment/view?blcSn=51944 2021年3月8日閲覧。 
  3. ^ a b “Vol.1 ― 「応答せよ1997」イ・シオン“チョン・ウンジさんの演技力には驚きました””. Kstyle. (2012年9月5日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1950728 2021年3月8日閲覧。 
  4. ^ a b c “大人気バラエティ番組『シングル男のハッピーライフ』には俳優イ・シオンの魅力がたっぷり!|Kカル!”. HOMINIS. (2019年8月28日). https://hominis.media/category/overseas/post4463/ 2021年3月8日閲覧。 
  5. ^ “ソ・イングクが移籍した韓国の芸能事務所「BSカンパニー」について教えてください。”. もっと!コリア. (2017年9月14日). https://mottokorea.com/mottoKoreaW/QnA_list.do?bbsBasketType=R&seq=60371 2021年3月8日閲覧。 
  6. ^ “【REPORT】イ・シオン、初の日本ファンミーティングが大盛況「影響を受けた日本俳優は小栗旬さん」”. Kstyle. (2019年2月7日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2112016 2021年3月8日閲覧。 
  7. ^ “イ・シオン、10年ぶりの映画初主演「演技への渇きから新しい姿にチャレンジした」”. KBS WORLD. (2019年12月10日). https://www.kbsworld.ne.jp/entertainment/view?blcSn=52999&rowNum=6 2021年3月8日閲覧。 
  8. ^ “【公式】俳優イ・シオン「完璧な他人」に合流確定…演劇初挑戦”. wowKorea. (2021年4月28日). https://www.wowkorea.jp/news/enter/2021/0428/10297259.html 2021年5月17日閲覧。 
  9. ^ “「妻を殺した」イ・シオン“何もかもうまくいかなかった時…ソ・イングクの言葉が大きく響いた””. Kstyle. (2020年1月29日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2132619 2021年3月8日閲覧。 
  10. ^ “장두봉 대표 "이시언 '연예대상' 최우수상..다음엔 연기로"(인터뷰②)[스타메이커”]. STAR NEWS. (2019年1月9日). https://star.mt.co.kr/stview.php?no=2019010809402881879 2021年3月8日閲覧。 
  11. ^ “俳優イ・シオン、熱愛認める「女優ソ・ジスンと交際5ヶ月目」”. Kstyle. (2018年2月28日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2088475 2021年3月8日閲覧。 

外部リンク編集