イ・ヒョヒ(李曉熙、ハングル表記: 이효희、ラテン翻記: Lee Hyo-Hee、女性、1980年8月26日 - )は、韓国の女子バレーボール選手。韓国代表で、現在は韓国道路公社ハイパスジェニスに所属している。

イ・ヒョヒ
Lee Hyo-Hee
 No.3
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1980-08-26) 1980年8月26日(37歳)
出身地 京畿道水原市
ラテン文字 Lee Hyo-Hee
身長 173cm
体重 57kg
選手情報
所属 韓国道路公社ハイパスジェニス
ポジション S
スパイク 280cm
ブロック 271cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

京畿道水原市出身。小学5年次からバレーボールを始める[1]。水原電算女子高校を卒業し、KT&Gアリエールズに入団。2005年には同チームの優勝セッターとなる。2007年にFA宣言し、興国生命ピンクスパイダーズに移籍した。2009年にも同チームで優勝セッターとなった。

2009/10シーズンが終了すると同チームがプレーイングコーチ就任を打診するが、後進の道を譲るため退団し実業団チームに移籍した。

2011年に韓国Vリーグに6番目のプロチームであるIBK企業銀行アルトスが結成されると現役に復帰し創立メンバーとなった。2シーズン目の2012/13シーズンにはチーム主将として同チームを優勝へ導き、2013/14シーズン終了後にフリーエージェントとなり韓国道路公社へ移籍した[2]

Vリーグ2014/15シーズンでは、チーム準優勝に貢献しニコル・フォーセットと並んでレギュラーラウンドMVPに輝いた[3]

エピソード編集

ヒョヒは「KT&Gや興国生命で優勝セッターだったので、IBK企業銀行でも同様の結果を求められることが苦しかったです」と語っている。2シーズン目にナム・ジヨンらが入団するとチームのレセプションが格段に向上し、トスワークが冴えた。「優勝はチームメイトのおかげです」と感謝の言葉を忘れなかった[1]

代表歴編集

所属クラブ編集

受賞歴編集

  • 2015年 - Vリーグ2014/15シーズン レギュラーラウンド MVP

脚注編集

  1. ^ a b 月刊バレーボール
  2. ^ 月刊バレーボール 2014年7月号 131ページ
  3. ^ 『月刊バレーボール』2015年6月号 119ページ

参考編集

  • 月刊バレーボール 2014年1月号 102ページ

外部リンク編集