セッター (バレーボール)

サイン

バレーボールにおけるセッター: Setter)は、トスをあげる役目の選手である。

概要編集

セッターはボールの下に素早くもぐりこめる敏捷性が大切である。また、試合全体を見渡すことのできる大局観と冷静さ、リーダーシップなども大事な要素である。このため、バレーボールにおいて司令塔とはセッターのことをさすことが多い。

指で行うサインによって(ラリー中を除く)、攻撃戦術を指示しあう。

ツーセッター編集

ツーセッターとはバレーボールにおける戦術のひとつで、セッターを2人置くフォーメーションのことである。セッターは対角(ワンセッター同様ライトが多い)のポジションに入り、ローテーションの中で後衛に位置する方の選手が主にトスアップを行う。常に前衛のスパイカーが3枚使えるので攻撃面で大きなメリットがある反面、常にセッターのポジションは後衛であるが故に対戦相手よりネットの高さより上空にあるボールのツーアタックの可能性を否定される。完全に機能すれば強力な戦術ではある。

  • セッターの選手は同時にスパイクの練習もしなくてはならない。
  • 癖の異なるトスを両方打つ練習をするのは負担が大きい。

等選手育成が難しいので、導入するチームは多くない。国際大会においてはキューバの女子チームが行っている。