イーホル・スヴャトスラーヴィチ

イーホル[要出典]・スヴャトスラーヴィチ古ルーシ語: Игоръ Ст҃ославич, Игорь Святъславличьウクライナ語: І́гор Святосла́вич, 1151年 - 1202年)は、ノヴゴロド・セヴェルスキー公シヴェーリア公、在位:1178年 - 1198年)、チェルニーヒウ公(チェルニゴフ公、在位:1198年 - 1202年)。チェルニーヒウ公スヴャトスラフ・オリゴヴィチの次男。日本語では名は「イーゴリ」とも表記される。

イーホル・スヴャトスラーヴィチ
Игорь Святъславличь
ノヴゴロド・セヴェルスキー公
チェルニーヒウ公
Ivan Bilibin 181.jpg
在位 ノヴゴロド・セヴェルスキー公1178年 - 1198年
チェルニーヒウ公:1198年 - 1202年

出生 1151年
死去 1202年
配偶者 エフロシニヤ・ヤロスラヴナ
子女 ウラジーミル
オレグ
スヴャトスラフ
ロマン
ロスチスラフ
家名 リューリク家
父親 チェルニゴフ公スヴャトスラフ・オリゴヴィチ
テンプレートを表示

1161年、公によるキエフへの出兵に参陣した。1174年ペレヤースラウの周辺でコンチャク・ハンコビャク・ハンが率いる欽察人の軍勢を破った。兄の死後、公となった。キエフ大公の座を巡る内紛に参加した。1183年、欽察人の領土へ出兵し、勝利を収めた。しかし、1185年に行った新たな出兵において惨敗を喫し、欽察人の捕虜となった。1185年度の出兵は『イーゴリ遠征物語』のモチーフとなった。その後、父の跡を継ぎチェルニーヒウ公をつとめた。

子女編集

エフロシニヤ・ヤロスラヴナとの間に以下の子女をもうけた。

参考文献編集

  • 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』伊東孝之井内敏夫中井和夫編、山川出版社〈世界各国史; 20〉、東京、1998年(日本語)。NDLBibID: 000002751344ISBN 4-634-41500-3
  • 黒川祐次『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国』中央公論新社中公新書; 1655〉、東京、2002年(日本語)。NDLBibID: 000003673751ISBN 4-121-01655-6

外部リンク編集

先代:
オレグ・スヴャトスラヴィチ
ノヴゴロド・セヴェルスキー公
1178年 - 1198年
次代:
ウラジーミル・イーゴレヴィチ
先代:
ヤロスラフ・フセヴォロドヴィチ
チェルニーヒウ公
1198年 - 1202年
次代:
オレグ・スヴャトスラヴィチ