メインメニューを開く

ウィリアム・セシル・キャンベル

ウィリアム・セシル・キャンベル(William Cecil Campbell、1930年6月28日 - )は、アイルランド出身の生化学者生物学者寄生虫学者。線虫によって引き起こされる感染症の新たな治療法発見によって、2015年ノーベル生理学・医学賞大村智と共同受賞した[1]

ウィリアム・セシル・キャンベル
William Cecil Campbell
William C. Campbell 4983-1-2015.jpg
生誕 (1930-06-28) 1930年6月28日(88歳)
アイルランドの旗 アイルランド自由国ドニゴール州Ramelton
市民権 アイルランドの旗 アイルランドアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 寄生虫病
研究機関 メルク・アンド・カンパニー
ドルー神学校
出身校 トリニティ・カレッジ・ダブリン
ウィスコンシン大学マディソン校
主な業績 アベルメクチン
主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞(2015年)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2015年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:線虫寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見

1957年から1990年まで、製薬会社メルク・アンド・カンパニーの研究所に所属していた。現在はドルー神学校名誉フェローである[2][3]

経歴編集

脚注編集

外部リンク編集