ウィリアム・ハギンズ

サー・ウィリアム・ハギンズ[1](Sir William Huggins1824年2月7日 - 1910年5月12日)はイギリス天文学者。分光観測の分野で業績を遺した。妻のマーガレット・リンジー・ハギンズも天文学者として知られている[2]

ウィリアム・ハギンズ
William Huggins
William Huggins.png
生誕 1824年2月7日
イギリスの旗 イギリス,ロンドン, Stoke Newington
死没 1910年5月12日
イギリスの旗 イギリス,ロンドン, Tulse Hill
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 天文学
出身校 大学進学せず[1]
主な業績 星雲と銀河のスペクトル研究
主な受賞歴 ロイヤル・メダル (1866) 、王立天文学会ゴールドメダル (1867. 1885)、ラランド賞 (1870)、ランフォード・メダル (1880)、コプリ・メダル (1898)、ヘンリー・ドレイパー・メダル (1901)、ブルース・メダル (1904)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

1856年にロンドン郊外のタルス・ヒル (Tulse Hill) に私設天文台を設け、観測機材を私費購入と王立天文学会からの貸与で揃えて、天体観測を始めた[1]。天体からのスペクトル線、吸収スペクトルを観測した。銀河が連続スペクトルをもつのに対して、星雲がガスの輝線スペクトルを示すことを発見し[1]、星雲と銀河とを区別する方法を見出した[2]

1865年に王立協会フェローに選出され、1870年から1871年、1895年から1897年まで副会長、1900年から1905年の間会長を務めた[3]。会長退任後の1906年から1907年にも三度目の副会長を務めている[3]

なお、彼の功績を称えて、小惑星(2635)ハギンズが彼の名を取り命名されている。

受賞歴編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 原恵『天文学人名辞典』中山茂 編、恒星社〈現代天文学講座〉、1983年3月25日、初版第一刷、120頁。NCID BN00165458
  2. ^ a b Becker, Barbara J., “Ch 4-1 - Margaret Huggins: The Myth of the 'able assistant'”, Eclecticism, Opportunism, and the Evolution of a New Research Agenda: William and Margaret Huggins and the Origins of Astrophysics, http://faculty.humanities.uci.edu/bjbecker/huggins/ch4.html 
  3. ^ a b c d e f "Huggins; Sir; William (1824 - 1910)". Record (英語). The Royal Society. 2020年8月2日閲覧
先代:
初代リスター男爵
王立協会会長
1900-1905
次代:
第3代レイリー男爵