メインメニューを開く

原恵

日本の教育者、アマチュア天文家

原 恵(はら めぐみ、1927年 - )は、日本教育者アマチュア天文家

はらめぐみ
原恵
生誕 1927年
東京府
国籍 日本の旗 日本
職業 教育者
著名な実績 天文学の普及
代表作 『星座の神話: 星座史と星名の意味』

目次

略歴編集

1927年に東京府に生まれる。青山学院大学文学部英文学科卒業後、同大学院修士課程を修了。オハイオ州立大学大学院修士課程を修了、1954年に文学修士、1956年にマスター・オブ・アーツ。専攻は賛美歌学日本キリスト教協議会勤務ののち、青山学院大学講師、助教授、教授を歴任した他、フェリス女学院大学音楽部講師、東京神学大学講師、日本聖書神学校講師等を務めた。1996年3月に退官後は青山学院大学名誉教授[1][2]

1964年から90年にかけて日本基督教団讃美歌委員を務め、その間『讃美歌第二編』の編集委員、『讃美歌21』の編集委員、讃美歌改訂委員として編集に参与[1][2]。賛美歌関係の論文や翻訳を多数執筆している[2]

天文家として編集

少年時代から趣味として天文に親しみ、変光星を中心に観測していた。1952年以降、天文雑誌『天文と気象』(のちに『月刊天文』と改称後、2006年12月に休刊)や『天文ガイド』、科学雑誌『Newton』に星座の神話や星の名前についての連載を持っていた[1]。主著の『星座の神話: 星座史と星名の意味』は1975年1月の初版発行から40年以上にわたって改訂されながら版を重ねている[2]

1957年4月に東京・渋谷天文博物館五島プラネタリウムが開館すると学芸委員となり、以来2001年3月の閉館まで理事や運営委員を歴任するなど、長く天文学の普及に努めている[1]

栄誉編集

1989年4月1日に串田嘉男村松修八ヶ岳南麓天文台で発見した小惑星4640には、原の長年に亘る変光星観測と天文学の普及への長く熱心な貢献を記念して (Hara) という名前が付けられた[1][3][4]

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『星座: 全天88星座、図版300点が誘う星空のロマン』(林完次との共著、小学館、1981年9月)
  • 『銀河宇宙のふしぎ: こんなことが知りたかった』(渡部潤一との共著、ニュートンプレス、2004年9月)

出典編集

  1. ^ a b c d e 天体観測のたのしみ”. at home 教授対談シリーズ こだわりアカデミー. at home. 2017年3月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 原恵『星座の神話: 星座史と星名の意味恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ (4640) Hara”. 国際天文学連合小惑星センター. 2017年3月19日閲覧。
  4. ^ 4640 Hara (1989 GA)”. JPL Small-Body Database Browser. ジェット推進研究所. 2017年3月19日閲覧。
  5. ^ 原恵、横坂康彦『賛美歌: その歴史と背景日本キリスト教団出版局、2004年1月、新。ISBN 978-4-8184-0509-7
  6. ^ 原恵『星座の文化史』玉川大学出版部〈玉川選書〉、1982年7月。ISBN 978-4472154720