ウィリアム・フィッツモーリス (第20代ケリー男爵)

第20代ケリー男爵ウィリアム・フィッツモーリス英語: William FitzMaurice, 20th Baron Kerry1633年1697年3月)は、アイルランド貴族

生涯編集

第19代ケリー男爵パトリック・フィッツモーリスとオナー・フィッツジェラルド(Honor FitzGeraldサー・エドモンド・フィッツジェラルドの娘)の息子として、1633年に生まれた[1]

1661年に父が死去すると、ケリー男爵位を継承した[1]

1665年頃、コンスタンス・ロング(Constance Long、ウィリアム・ロングの娘)と結婚した[1]

  • トマス(1668年 – 1741年) - 第21代ケリー男爵、初代ケリー伯爵

1689年5月7日にジェームズ2世が招集したアイルランド議会に出席、翌年のボイン川の戦いの後はジェームズ2世とともにフランス王国に渡った[1]

1697年3月に死去、息子トマスが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. p. 213.
アイルランドの爵位
先代
パトリック・フィッツモーリス
ケリー男爵
1661年 – 1697年
次代
トマス・フィッツモーリス