ウィリアム・リンジー (第18代クロフォード伯爵)

第18代クロフォード伯爵ウィリアム・リンジー英語: William Lindsay, 18th Earl of Crawford PC1644年4月 – 1698年3月6日)は、スコットランド貴族、政治家。

生涯編集

第17代クロフォード伯爵ジョン・リンジーとマーガレット・ハミルトン(Margaret Hamilton、1666年以降没、第2代ハミルトン侯爵ジェイムズ・ハミルトンの娘)の息子として、1644年4月に生まれた[1]。1678年に父が死去すると、クロフォード伯爵リンジー伯爵位を継承した[1]。父が浪費家[2]で家計が火の車だったため、債権者を受託者として財産を預けざるを得ず、この状況は孫ジョンの代にあたる1747年時点でも続いていたという[1]

熱心な長老派であり、1685年にジェームズ2世および7世が即位すると「良心のために」国を離れようとしたが、出国許可を得られなかった[2]。そのため、宗教迫害を逃れるために引退生活を送った[2]。そして、1689年にウィリアム3世および2世が即位すると、長老派における影響力を買われて復帰[2]、1689年から1693年までスコットランド枢密院英語版議長を務めた[1](ただし、枢密顧問官への就任は1690年6月3日[1])。また、1689年から1692年までスコットランド大蔵卿委員を務めた[1]

1698年3月6日に死去、息子ジョンが爵位を継承した[1]

人物編集

英国人名事典はクロフォード伯爵の監督制への敵意を「過剰」(excessive)だとしつつ、その理由が政治ではなく宗教によることを認めている[2]

家族編集

1670年3月8日、メアリー・ジョンストン(Mary Johnstone、1652年1月31日 – 1681年4月8日、初代アナンデイル=ハートフェル伯爵ジェイムズ・ジョンストンの娘)と結婚[1]、3男2女をもうけた[3]

  • ヘンリエッタ(1671年1月洗礼 – ?) - 1691年10月16日、ウィリアム・ベイリー(William Baillie)と結婚、子供あり
  • ジョン(1672年頃 – 1714年) - 第19代クロフォード伯爵
  • ジェイムズ(1707年没) - 軍人、アルマンサの戦いで戦死
  • パトリック(1678年8月29日洗礼 – ?) - 子供なし

1689年までにヘンリエッタ・セトン(Henrietta Seton、1691年6月以降没、第2代ダンファームリン伯爵チャールズ・セトン英語版の娘)と再婚[1]、1男6女をもうけた[3]

  • トマス(1723年9月4日以降没)
  • アン
  • クリスチャン
  • マーガレット
  • ヘレン
  • スザンナ(1691年7月19日洗礼 – ?)
  • キャサリン(1692年11月29日洗礼 – 1769年4月20日) - 1741年5月7日、パトリック・リンジー英語版と結婚

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 520–521.
  2. ^ a b c d e Henderson, Thomas Finlayson (1893). "Lindsay, William (d.1698)" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 33. London: Smith, Elder & Co. p. 315.
  3. ^ a b "Crawford, Earl of (S, 1398)". Cracroft's Peerage (英語). 22 March 2005. 2020年7月6日閲覧
公職
先代:
クイーンズベリー公爵
スコットランド枢密院英語版議長
1689年 – 1693年
次代:
アナンデイル=ハートフェル伯爵
スコットランドの爵位
先代:
ジョン・リンジー
クロフォード伯爵
1678年 – 1698年
次代:
ジョン・リンジー
リンジー伯爵
1678年 – 1698年