メインメニューを開く

ウィリー・リンカーン

ウィリアム・ウォレス 「ウィリー」 リンカーン英語: William Wallace "Willie" Lincoln , 1850年12月21日 - 1862年2月20日)は、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンメアリー・トッド・リンカーンの三男。11歳で病死した。

ウィリー・リンカーン
Willie Lincoln
WILLIE.JPG
ウィリー・リンカーン(1855年ごろに撮影)
生誕 (1850-12-21) 1850年12月21日
アメリカ合衆国
イリノイ州スプリングフィールド
死没 (1862-02-20) 1862年2月20日(11歳没)
アメリカ合衆国
ワシントンD.C.
エイブラハム・リンカーン(父親)
メアリー・トッド・リンカーン(母親)

目次

スプリングフィールドの生活編集

ウィリー・リンカーンは1850年12月21日エイブラハム・リンカーンメアリー・トッド・リンカーンの三男として出生した[1]。下の兄のエディ・リンカーンは10か月前の1850年2月1日に亡くなっていた[1]

イリノイ州スプリングフィールドに在住していた期間に、ウィリーとその弟のタッドは「悪名高いいたずらっ子」とみなされていた。エイブラハムと法律事務所を共同で経営するウィリアム・ハーンドンは棚から本を引っ張り出し、事務所内をひっかきまわしている子どもたちにエイブラハムが気付いていないと書き残している[2]

両親と同様に勉学を好み、非常に賢い子どもであった。を書き、鉄道時刻表を作成し、数学に優れた能力を発揮した[1]。また、穏やかな心を持ち、タッドより良心的であった[1]

ホワイトハウスの生活編集

エイブラハムが1860年アメリカ合衆国大統領選挙に勝利してアメリカ合衆国大統領に選出されたため、一家はホワイトハウス移住した。ここがウィリーとタッドの新たな遊び場となった。メアリーの要請に応じてジュリア・タフト英語版(1845-1933)、彼女の14歳の弟「バド」(ホレイショ・ネルソン・タフト・Jr.、1847-1915)[3]と12歳の弟「ホリー」(ハルゼイ・クック・タフト、1849-1897)[4]がホワイトハウスに呼ばれ、2人の男の子はウィリーとタッドの遊び仲間になった[5][6]。また、この三人の姉弟の長兄(異母兄)であったチャールズ・サビン・タフト英語版(1835-1900)[7]は内科医であり、後1865年4月14日夜、エイブラハム・リンカーン大統領がフォード劇場で狙撃された際、偶然に客席に居合わせ、同じく居合わせた外科医チャールズ・リールとともに、遭難直後の大統領を診察した医師二人のうちの一人となった。[8]

病と死編集

 
ウィリー・リンカーン。1862年に撮影

ウィリーとタッドは1862年初めに病気になった[9]。汚染されたポトマック川からの水が病気をもたらしたと見られている[10]。ウィリー・リンカーンは1862年2月20日におそらく腸チフスと見られる病気によって亡くなった[11]。11歳没[12]。エイブラハムは「私の可愛そうな坊や。この世にはもったいない存在だった。彼は神の家に呼ばれたのだ。天国でより幸せになることを知っているが、我々は彼をとても愛していたんだよ。つらい。彼が死ぬのはつらい」と述べた[10]

メアリーは4人の息子の中でとりわけウィリーを愛していたのでショックは大きく[13]、葬儀に出席できないほど落胆した[14]南北戦争中であったため、世間は息子の死を看取ることができたのは大統領夫人の特権だと、メアリーに対して非難を浴びせた[15]。両親の失意の状態はその後もいつまでも続いた。エイブラハムは3年後の暗殺される当日に戦争と最愛のウィリーの死が夫婦にとって多大な不幸をもたらしたが、立ち直らなければならないとメアリーに話している[1]。ウィリーと非常に仲の良かったタッドは兄の死後もしばらくは病気が回復せず、兄を失った悲しみですすり泣いてばかりいた[16]

ウィリーはジョージタウンオークヒル墓地英語版埋葬された[1]1865年の父親の暗殺後にウィリーの棺は掘り起こされ、一時的な墓に移された[1]。1871年9月19日にスプリングフィールドにあるオークリッジ墓地英語版に父のエイブラハム、下の兄のエディ、弟のタッド(1871年に18歳で病死)とともに再埋葬された[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h William Lincoln” (英語). AbrahamLincoln200.org. 2015年7月10日閲覧。
  2. ^ Wead(2003年) p.90
  3. ^ https://www.findagrave.com
  4. ^ https://www.findagrave.com
  5. ^ Wead(2003年) p.91
  6. ^ Bayne(2001年) pp.1-3
  7. ^ https://www.findagrave.com
  8. ^ 「マンハント・リンカーン暗殺犯を追った12日間」ジェイムズ・L・スワンソン著 富永和子訳、早川書房(2006.10) pp.100-101
  9. ^ Pinsker(2002年) p.301
  10. ^ a b Upstairs at the White House: Prince of Wales Room” (英語). MrLincolnsWhiteHouse.org. 2015年7月10日閲覧。
  11. ^ Bartlett(2009年) p.127
  12. ^ Stern(2010年) p.289
  13. ^ トルーマン(1996年) p.181
  14. ^ 戸村(1990年) p.73
  15. ^ 宇佐美(1991年) p.134
  16. ^ 多賀(1990年) p.120

関連項目編集

参考文献編集

  • Doug Wead (2003年) (英語). All the Presidents' Children: Triumph and Tragedy in the Lives of America's First Families. Atria. ISBN 978-0743446310. 
  • Julia Taft Bayne (2001年) (英語). Tad Lincoln's Father (Abraham Lincoln). Bison Books. 
  • Matthew Pinsker (2002年) (英語). Abraham Lincoln. CQ Press. ISBN 978-1568027012. 
  • JoAnn Smith Bartlett (2009年) (英語). Abner Doubleday: His Life and Times. Xlibris Corporation. ISBN 978-1436344753. 
  • Julia A. Stern (2010年) (英語). Mary Chesnut's Civil War Epic. University of Chicago Press. ISBN 978-0226773315. 
  • Margaret Truman (原著), 湯河京子 (翻訳) 『ファースト・レディ―「大統領と妻」たちの隠された真実』 講談社1996年ISBN 978-4062085144
  • 戸村和子 『ファーストレディとインテリア―ホワイトハウス200年』 平凡社1990年ISBN 978-4582544152
  • 宇佐美滋 『ファーストレディ物語―ホワイトハウスを彩った女たち』 文藝春秋1991年ISBN 978-4167325022
  • 多賀幹子 『その名はアメリカ大統領夫人(ファースト・レディー)―41の愛と野望』 徳間書店1990年ISBN 978-4195541326