ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート1993

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート1993(ドイツ語: Neujahrskonzert der Wiener Philharmoniker 1993)は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による1993年ニューイヤー・コンサート。指揮はリッカルド・ムーティが務めた(初登場)。

概要編集

演奏曲目編集

第1部編集

第2部編集

アンコール編集

エピソード編集

  • アンコール1曲目の「狩りのポルカ」では、曲の終結部でステージ後ろのパイプオルガンに仕掛けられた爆竹が破裂し、会場内に色とりどりの紙吹雪が舞うという豪華な演出が行われた。
  • アンコール止めのラデツキー行進曲では、冒頭の小太鼓ソロが省略され、いきなり前奏から始まっている。

備考編集

  • コンサートの模様が収録されたCDが、1993年春にフィリップスから発売されたが、収録時間の関係で数曲がカットされている。また同年秋にはORF収録の映像をもとにした映像商品が同じくフィリップスから発売された。こちらはコンサートの全容が収録されている