メインメニューを開く

ウォリアーモンク

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

ウォリアーモンク(Warrior monk)とは、宗教団体が異教徒からの自衛や信徒の保護や施設や祭事の警備のために抱えた戦闘員警備員のこと。また武装組織となった宗教団体やその構成員。転じて自ら武装して戦う戦士(Warrior)としての側面と、禁欲的な生活を送る修道士(monk)としての側面を併せ持つ人物を表す言葉としても用いられる。

直訳すると「戦う修道士」となるが、下級の聖職者が兼任する他にも外部の戦闘員を配下に収めた例(大和武士)がある。日本語では類似した概念である僧兵とも訳される。

関連項目編集