メインメニューを開く
セルボーン伯爵パーマー家の紋章のエスカッシャン部分

セルボーン伯爵英語: Earl of Selborne)は、イギリス伯爵位。連合王国貴族爵位。

1882年にラウンデル・パーマーが叙されたのに始まる。

目次

歴史編集

 
初代セルボーン伯爵ラウンデル・パーマー

自由党(後自由統一党)所属の庶民院議員・法律家ラウンデル・パーマー(1812–1895)は、第1次第2次グラッドストン内閣大法官を務めた。当時大法官は貴族院議長を兼務していたため、第1次グラッドストン内閣入閣直後の1872年10月18日連合王国貴族爵位セルボーン男爵に叙された。ついで第2次グラッドストン内閣期の1882年12月29日にセルボーン伯爵とウォルマー子爵に叙された[1]

初代伯の長男2代セルボーン伯ウィリアム英語版(1859–1942)は襲爵前から保守党の庶民院議員として活躍し、襲爵後には第3代ソールズベリー侯の第3次内閣とバルフォア内閣で海軍大臣英語版(在職1900年-1905年)を務めた。彼は保守党の中でも強硬派に属し、議会法の貴族院採決の際には貴族院権限の低下に反対して徹底抗戦を主張した[2]

その長男である3代セルボーン伯ラウンデル英語版(1887–1971)も襲爵前に保守党の庶民院議員として活躍し、襲爵後第1次チャーチル内閣戦争経済大臣英語版(在職1942年-1945年)を務めた。

現在の当主はその孫である4代セルボーン伯ジョン英語版(1940-)である。彼も保守党の政治家であり、1999年トニー・ブレア政権による貴族院改革英語版で世襲貴族の議席が92議席に限定された後も議席を維持している[3][4]

本邸はハンプシャーセルボーン英語版にあるテンプル・マナー(Temple Manor)である。

セルボーン伯 (1882年)編集

法定推定相続人は、現当主の息子ウォルマー子爵(儀礼称号)ウィリアム・ルイス・パーマー(1971-)

脚注編集

出典編集

  1. ^ Steele, David. “Palmer, Roundell, first earl of Selborne” (英語). Oxford Dictionary of National Biography. 2014年6月1日閲覧。
  2. ^ 坂井秀夫 1967, p. 457.
  3. ^ UK Parliament. “Mr John Palmer” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年7月30日閲覧。
  4. ^ Earl of Selborne”. www.parliament.uk. 2015年7月30日閲覧。

参考文献編集