ウスト・イシム人

ウスト・イシム人(Ust'-Ishim man)とは、シベリアウスト・イシマスキー地方英語版から見つかった45,000年前の現生人類の古人骨である[1]。2008年に発見された[2]

遺伝子編集

人骨化石はマックス・プランク人類史科学研究所によって分析され、放射性炭素年代測定では45,000年前を示し、これはこれまで同方法で測定された最古の人類化石の年代である[1]。人骨からはDNAが抽出され、古代DNAが分析された最古の古人骨である[3]

ハプログループ編集

Y染色体ハプログループK2a*に属していた[4]。これはハプログループNOの祖型と姉妹群を成す。

ミトコンドリアDNAハプログループR*に属していた[5][6]

現代人とのつながり編集

ウスト・イシム人の遺伝子は現代の西ユーラシア人よりも、東アジア人オセアニア人に近縁である[3]。2016年の研究では、現代の民族集団の中ではチベット人との間で最も遺伝的共通性が高いことが示された[7]

脚注編集

  1. ^ a b Callaway, Ewen & Nature magazine (2014年10月23日). “45,000-Year-Old Man's Genome Sequenced”. Scientific American. 2021年2月20日閲覧。
  2. ^ Earliest modern human sequenced”. Max-Planck-Gesellschaft (2014年10月22日). 2021年2月20日閲覧。
  3. ^ a b Wade, Lizzie (2014年10月22日). “Oldest human genome reveals when our ancestors had sex with Neandertals”. Science. American Association for the Advancement of Science. 2021年2月20日閲覧。
  4. ^ Poznik, G., Xue, Y., Mendez, F. et al. Punctuated bursts in human male demography inferred from 1,244 worldwide Y-chromosome sequences. Nat Genet 48, 593–599 (2016). https://doi.org/10.1038/ng.3559
  5. ^ Marrero, Patricia; Abu-Amero, Khaled K; Larruga, Jose M; Cabrera, Vicente M (2016). “Carriers of human mitochondrial DNA macrohaplogroup M colonized India from southeastern Asia”. BMC Evolutionary Biology 16 (1): 246. doi:10.1186/s12862-016-0816-8. PMC 5105315. PMID 27832758. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5105315/. 
  6. ^ Larruga, Jose M; Marrero, Patricia; Abu-Amero, Khaled K; Golubenko, Maria V; Cabrera, Vicente M (2017). “Carriers of mitochondrial DNA macrohaplogroup R colonized Eurasia and Australasia from a southeast Asia core area”. BMC Evolutionary Biology 17 (1): 115. doi:10.1186/s12862-017-0964-5. PMC 5442693. PMID 28535779. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5442693/. 
  7. ^ Lu, Dongsheng (September 1, 2016). “Ancestral Origins and Genetic History of Tibetan Highlanders”. The American Journal of Human Genetics 99: 7.