ウダイ・シング2世

ウダイ・シング2世(Udai Singh II, 1522年8月4日 - 1572年3月3日)は、北インドラージャスターン地方メーワール王国の君主(在位:1537年 - 1572年)。

ウダイ・シング2世
Udai Singh II
メーワール王
Rana-udai-singh-ii.jpg
ウダイ・シング2世
在位 1537年 - 1572年
戴冠式 1540年
別号 マハーラーナー

出生 1522年8月4日
チットールガルチットールガル城 
死去 1572年3月3日
ゴグンダ
子女 プラタープ・シング
王朝 シソーディヤー朝
父親 サングラーム・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1522年8月4日メーワール王国の君主サングラーム・シングの息子として、チットールガルで誕生した[1][2]

1534年、首都チットールガルがグジャラート・スルターン朝に包囲された際、ウダイ・シングはブーンディーに避難していた。

1537年、兄王ヴィクラマーディティヤ・シングバンビール・シングに殺害されたことにより、王位を継承した[1][2]。とはいえ、ウダイ・シングがバンビール・シングを打倒するまでの3年後の1540年まで、戴冠式を行うことはできなかった。

1567年10月、ムガル帝国の皇帝アクバルにより、首都チットールガルが包囲された(チットールガル包囲戦[3]。ウダイ・シング2世は帝国に服属を拒み続けており、アクバルもまたこの地を落とさなければ、ほかのラージプート諸王国に宗主権を認めさせることはできないと理解していた[3]

1568年2月、チットールガルは長い包囲戦の末に陥落し、ラージプートの戦士らは玉砕し果て、城にいた農民など大勢の人々が殺害された[3]。だが、ウダイ・シング2世は丘陵地帯に逃げており、チットール陥落後はウダイプルをメーワール王国の新都と定めた[3]

1572年3月3日、ウダイ・シング2世はゴグンダで死亡した。[1][2]。死後、息子のプラタープ・シングが王位を継承した。

脚注編集

  1. ^ a b c Udaipur (Princely State)
  2. ^ a b c UDAIPUR (Mewar) (Princely State)
  3. ^ a b c d チャンドラ『中世インドの歴史』、p.240

参考文献編集

関連項目編集